高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
クリックしてもらえると、ランキングの順位が上がるでス。
何がもらえるってわけでもないでスが、順位が上がると書く気になるでス


ここんとこ思っとったんでスが。

ブログランキングに登録してるぢゃないでスか。

結構順位が上がって来たなーなんて思っとったんでスよ。

悩むのがでスね。

どのジャンルに登録するかってとこなんでスよ。

一応ニュースの海外に登録してんでスけどね。

海外ネタ多いけど、そればっかじゃないしなあ。

他のことも結構書いてるから、なんか違反になりそうな。

そんなことないんでスかね。

てんで、ニュースの全般に引越しするかもしれんでス。

よろしくどーぞ。

ということで、ふまじめなネタのお時間でス。

ヒヒヒヒ。

あんまり時間ナイんで、テキトーに逝くでス。

お題はあれでス。

大紀元日本の「地方禁令から見る中国社会」でし。

残すとこ、2回分でス。

今日のも金絡みでスけん。

そこら辺よろしくでス。 ←何が?

でわ。

ドゾ。

--------------------
7、「税関職員は密輸を庇ってはならない」

 これは中国の税関総署の規定に盛り込まれている禁令である。税関職員の職務は密輸を摘発することであり、密輸を庇うなんで、あってはならないはずだが、わざわざこの禁令を作ったのは、よほど密輸を庇う税関職員が多いからではないだろうか。
--------------------

「よほど密輸を庇う税関職員が多いからではないだろうか」

多いんでしょうねえ。

袖の下ってんでスか?

時代劇なら、山吹色のニクイやつ。

よくお菓子の箱を二重底にして、

越後屋が代官に献上してまスわよね。

あんな感じ?

ヒヒヒヒ。

わざわざ禁令を出さなきゃいけないとこが中国らしいでスが。

でも、おもろいからおっけー。

またこんなシリーズやって欲しいなあ。

大紀元日本。

イヒヒ。

そゆことでス。

おそまつさま。

 
クリックしてもらえると、ランキングの順位が上がるでス。
何がもらえるってわけでもないでスが、順位が上がると書く気になるでス



スポンサーサイト
 
クリックしてもらえると、ランキングの順位が上がるでス。
何がもらえるってわけでもないでスが、順位が上がると書く気になるでス


( ゚Д゚)ボーーーー

梅雨でスなあ。
よく雨降りまスなあ。
自転車乗れないぢゃん。
太っちゃうよ。
(゚Д゚)ウボァー

雨が降ると思いまス。
地球温暖化なんて言うじゃないでふか。
日本も暑いぢゃないでふか。
日本列島覆うくらいのデカイ透明ドームを作ってでスな。
気象コントローラーを組み込むと。
そしたら。
天気予報なんてもうイラナイ。
天気予定があるだけだから。
いいにゃー。
そんなことにならないかにゃー。
四季も楽しめて。
バンバンザイ。
ハッピッピ。
まあ、しばらくムリだろなあ。
( ゚д゚)ホスィ…

んで。
今日はちと変わったところの話なんぞを。
カンボジアでス。
北朝鮮のヤロウがミサイル撃ちそうでスよねえ。
まあ撃ち込んでくれりゃ大義名分ができまスから、
やってくれて結構なんでスけど、
本土に落っこちたら、被害者がでたらマズイしなあ・・・
なんて思ってるでス。
普段そんな3馬鹿トリオのこと書いてるんで、
違うことも書いてみたいなと思ったり。
アンコールワット行ってみてーなと思ったり。
まあそれとは関係ないんでスが。
逝くでス。

ラスメイカンプチア新聞から引用でス。
--------------------
日本:カンボジアへの借款の利子を減らす決定 ラスメイカンプチア新聞
2006年05月02日

高橋文明日本大使は、新しい借款プロジェクトの利子を0.9%から0.01%に引き下げることを発表した。これは、5月1日のシアヌークビル国際港ワンストップサービス庁舎建設竣工式でのことである。大使は「日本政府はカンボジアの努力に対して、さまざまな形で支援をしていきたいと考えている。この中で、安定したカンボジアの経済促進のために、この決定はとても重要なことだと考えている。正しく財務管理を行っているカンボジアに対する信頼という意味で、借款資金の利子をこれまでの0.9%から0.01%にすることとなった。すなわち、1000万ドルの借款資金の利子はこれまでの90000ドルではなく1000ドルに、返済期間はこれまで通り10~30年となる」と述べた。ソン・チャントル公共事業運輸大臣は「2008-2009年に日本のJBICは特別経済区のために借款資金支援を行うことになっている。70ヘクタールの土地を整備して、特に日本からの投資を誘致することを目指している。これにより、この地域で3~5万人規模の雇用を生み出せることが期待される」と述べた。フン・セン首相はこの式典の中で、日本政府に対して感謝を述べた。そしてシアヌーク国際港が経済・国際貿易の窓口となるべく、努力する必要があるとした。そして日本がカンボジアの経済発展のために高い関心を持っていることを認識することが肝心だとした。
--------------------

なんだかベロを噛みそうな新聞名でスな。
ベーロベロ。
このWeb版の新聞、更新が遅いんでなんなんでスけど、
こーゆーことがあったんでスね。
中国にお金出すよりゃよっぽど有意義でス。
どんどんやっちゃってくだサイ。
そのかわり、中国にはもう出さないで欲しいけど。
ってーかどーせなら、利子なくしちゃえばいいぢゃん、
なーんて思うのはあちしだけでスか?
ちゃーんと感謝してくれてはりまスよ。

「フン・セン首相はこの式典の中で、日本政府に対して感謝を述べた」

なんちて。
<(_ _)> イエイエドーイタシマステ

決して驕って言ってるわけじゃないでス。
ちゃんとしたとこへ援助させてもらえれば、
ちゃんと帰ってくるもんがあると思うでスよ。
どっかの国と違って。
へ(゜∇、°)へ ケケケケ

こゆのを通して、親日の国になってもらえればいいぢゃないでスかあ。
やっぱね、重要でスよ。
援助しても、仇で返す国。
援助したら、ちゃんと恩義を感じてくれる国。
別にね、恩を売りたいわけじゃござんせん。
感謝してもらえる方が、
ああ、良かったなと思えるだけでス。
それで親日になってくれれば、
それは日本としてもなにかしらの意味があるわけで。
そーゆー国を援助したい。
そゆことでス。

ちょとまじめだった?

いかんねえ。

タイトルがふまじめだってのに。

へ(゜∇、°)へ ケケケケ

おそまつさま。

 
クリックしてもらえると、ランキングの順位が上がるでス。
何がもらえるってわけでもないでスが、順位が上がると書く気になるでス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。