高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このとこ忙しくて気付かなんだ。

東海新報。

主要な新聞とは違う論調がスキなんでスけどね。

まああちし的には普通のことぢゃないの?

なんて思うわけでスが。

東海新報ガン( ゚д゚)ガレ

と思うような記事でス。

( ゚Д゚)⊃旦 チャノメヤ

お茶飲んだら、


クリックであちしを応援でけまスよ。

 
応援してネ。


Σ(; ゚Д゚)クワッ

んでわ。

どんじょ。

東海新報の世迷言から引用でし。


☆★☆★2006年07月22日付

 鬼の首を取ったよう、というのはこういうことを指すのだろうか。昭和天皇のお言葉が元宮内庁長官のメモに残されていて、それには靖国神社にA級戦犯が合祀されたことに不快感が示されていたことから、靖国参拝反対のメディアは大はしゃぎ▼中国や韓国から強い反発があるにもかかわらず、小泉首相が頑として節をまげないことが両国との関係悪化に結びついている、という多くのメディアの論調は時が経つにつれ説得力を失いつつある。当事国として国内の論議が賛否両論に分かれるのはともかく、第三者として冷徹にこの問題を眺めている外国の論調は、これが中韓の外交戦略に過ぎず、かりに小泉後継首相が参拝をやめても、次には別のカードを出してくると分析するようになってきた▼そんなことは分かり切っているのに、引っ込みがつかなくなったメディアは、いまなお参拝が諸悪の根源だと主張し続けている。しかしその雲行きも怪しくなった。なぜ外国の要求に従わなければならないのか、内政干渉もはなはだしいという世論の高まりがそうだ▼中韓が声高に叫べば叫ぶほど国内世論は反作用していくだろう。そんな折、昭和天皇さえ合祀に反対だったというメモが見つかったのだから、参拝賛成陣営には動揺が起きるだろうというほくそえみがメディアの論調に見え見え。しかしそれを世論喚起に利用するのはフェアでない。まして日頃天皇制に対して冷淡な一部メディアにおいてをやである▼これはご都合主義というものであって、昭和天皇がどのように考えられようと、首相は首相、国民は国民でこの問題をわきまえるべきなのである。「この紋所が目に入らぬか」といわれて、ははーっと平伏するのはドラマの中だけで沢山。




・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

どこぞの大新聞よりよほど言ってることがマトモでス。

東海新報大スキでスよー。

記事中にいろいろ書いてありまスが。

あちしが心に残ったとこ。

曰く、

「第三者として冷徹にこの問題を眺めている外国の論調は、これが中韓の外交戦略に過ぎず、かりに小泉後継首相が参拝をやめても、次には別のカードを出してくると分析するようになってきた」

大新聞はこんなこと逝ってくれませんネー。

あちしもこのご意見に大賛成でス。

ブラボー。

あちし神奈川なんでスけどネ。

神奈川まで配達してクレ。

次に。

ココもスキ。

「そんな折、昭和天皇さえ合祀に反対だったというメモが見つかったのだから、参拝賛成陣営には動揺が起きるだろうというほくそえみがメディアの論調に見え見え」

。゚(*゚´∀`゚)゚ノ彡☆ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ほんと見え見えだーヨ。

サヨサヨしてる日本ギライが多いでスからねー。

日本のメディアって。

けれども、東海新報さん。

あんたはエライ。

しかもそーゆーサヨサヨメディアを評して曰く、

「まして日頃天皇制に対して冷淡な一部メディアにおいてをやである」

゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)。. .。.:*・゜゚・*ポワワワァァン

まったくもって東海新報さんが

仰る通りでおじゃりまス。

あなたは正しいでス。

エライ。

カコイイ。

ブラボー。

結婚して。 ←またかよ

最後にこのお言葉。

『これはご都合主義というものであって、昭和天皇がどのように考えられようと、首相は首相、国民は国民でこの問題をわきまえるべきなのである。「この紋所が目に入らぬか」といわれて、ははーっと平伏するのはドラマの中だけで沢山。』

( ´,_ゝ`)クックック・・・

( ´∀`)フハハハハ・・・

(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!


三段ぶち抜きで笑えるほどでス。

日本を代表すると自負してるメディアさんは。

見習え。

靖国と政治は絡めちゃいけません。

ついでに言うと、あふぉなメディアも。

東海新報さん風に言うと。

鬼の首とったように、

大はしゃぎすんな。


そゆことでスた。

おそまつさま。

 
おもひろかったらクリックしてくだしぇ。
スポンサーサイト
仕事の合間なんでスが・・・

ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ

何が怖いって?

デムパwwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!

↑がコワイでス。

「韓半島」てー映画があるでスね。

それについてでスよ。

若手(?)整体師の独り言さんの、

『「偏狭な民族主義者」というより』で解説されてまスので。

ゼヒご一読を。

んで。

コワイ記事をゴショカーイでス。

でも。


クリックは忘れないでネ。

 
おねがいちゃーん。


ハイ。

どーじょ。

朝鮮日報から引用でし。


カン・ウソク監督「なぜ日本は『韓半島』を恐れるのか」

 「(触れるものすべてを金に変えるというギリシャ神話の)ミダスの手」といわれるカン・ウソク監督は、やはり天性の勝負師だ。消えた国印をめぐる事件を描いた映画『韓半島』について一部の日本メディアが批判的な見方を示しているが、これに反発する広告で真っ向から勝負を挑むという。

 公開以来、紙面をにぎわせている『韓半島』の広告は、日の丸を背景に立っている映画に登場する日本の官僚たちが頭を下げて謝罪しているものだ。かなり挑発的な広告コンセプトだが、ここからもう一歩進んで『韓半島』に関する一部の日本メディアの批判的な報道を意識した新たな広告を作成することも決めた。

 シネマサービス関係者は「“なぜ日本は『韓半島』を恐れるのか”というテーマで試案を作成している。来週から紙面で公開する予定」と話している。

 今月13日に公開された『韓半島』は、18日までに180万人以上を動員、7月の映画街に旋風を巻き起こしている。試写会直後は「センチメンタルな民族主義」「単なる勧善懲悪もの」との非難もあったが、カン・ウソク監督特有のストレートな表現で観客は「痛快だった」と評するなど、興行のロングランが予想されている。

 これに関しカン・ウソク監督は「最近、ある知人がソウルのメガボックスで『韓半島』を見てから、興奮して電話をくれた。“日本を世界の法廷に立たせる”など、民族主義者役のアン・ソンギの名セリフに痛快な思いを感じたそうだ」と話す。「10代後半から20代の観客が『韓半島』に熱狂している。現実も映画のようになるべき、と考えているからではないか」「現実の世界で傷つけられたプライドを、『韓半島』を通じて取り戻すという間接体験を味わう観客たちが、鬱憤(うっぷん)をはらせる場を提供したから」と成功の原因を分析している。

 一方、共同通信は18日、「日本と韓国政府の葛藤を描いた作品」と『韓半島』を評価。時事通信も「日本と韓国の対立を描いた映画が興行成績トップとなった」と報道するなど、複雑な心中を伝えている。




ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!

こわいよぉ・・・

コワすぎる・・・

若手(?)整体師の独り言さんの記事、読みましたか?

読んでネ。

分かりやすいから。

要はでスね。

韓国が日本をやり込める、ってな映画でスな。

多くは語りませんが・・・

記事のココ。

『日本を世界の法廷に立たせる”など、民族主義者役のアン・ソンギの名セリフに痛快な思いを感じたそうだ」』

竹島占領して、

国際法廷にも出て来られない。

韓国さん。

そんな卑怯者が、

よく言うナ。


しかも。

『「現実の世界で傷つけられたプライドを、『韓半島』を通じて取り戻すという間接体験を味わう観客たちが、鬱憤(うっぷん)をはらせる場を提供したから」』

要は映画でしか鬱憤を晴らせないわけでスか?

お気の毒さま。

若手(?)整体師の独り言さん風に言うとでスね。

ギャグ映画か?

そんな感じっス。

おそまつさま。

 
竹島の侵略者が何言うか、と思ったらクリックで応援してくだしぇ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。