高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏になると思い出スんでスな。
子供の頃預けられてた長野のこと。

ちなみにこんなとこでス。

中野北


長野電鉄の、中野北という駅でおじゃりまス。
もう廃線になってて、線路はないんでスけど・・・
駅は残ってるんでスよ。

今でもでスね。
この駅に来ると感慨深いでス。
初めて降り立った時のこと思い出すでスよ。
もう30年くらい前でスな・・・
ここがあちしの原風景、原点な気がするでス。
ああ。
ナチカシー。


んで。
本題でス。
広田元首相。
そのお孫さんが、靖国の合祀に合意していないと。
そう仰っておられまス。

で・・・・






本題逝く前にクリックしてくだしぇ。

 
お願いだああ。







んで。
本題。

ネタ元は朝日新聞でス。

どんぞ。

asahi.comから引用でし。


A級戦犯、広田元首相の遺族 「靖国合祀合意してない」
2006年07月27日06時05分
 東京裁判でA級戦犯として起訴、処刑された広田弘毅元首相が靖国神社に合祀(ごうし)されていることについて、孫の元会社役員、弘太郎氏(67)が朝日新聞の取材に応じ、「広田家として合祀に合意した覚えはないと考えている」と、元首相の靖国合祀に反対の立場であることを明らかにした。靖国神社は、遺族の合意を得ずに合祀をしている。処刑された東条英機元首相らA級戦犯の遺族の中で、異議を唱えた遺族は極めて異例だ。
1940年の広田弘毅元首相。抱かれているのは弘太郎氏=「広田弘毅」(葦書房)から

 靖国神社へのA級戦犯の合祀をめぐっては今月、昭和天皇が不快感を示したとされる88年当時の宮内庁長官のメモが明らかになっている。

 弘太郎氏は広田元首相の長男、弘雄氏(故人)の長男。6人いた元首相の子は、全員他界している。

 A級戦犯が合祀された78年当時について、弘太郎氏は「合意した覚えはない。今も靖国神社に祖父が祀(まつ)られているとは考えていない」と話した。靖国に絡むこれらの思いは「広田家を代表する考え」としている。

 広田元首相は処刑された7人のA級戦犯のうち唯一の文官。外相当時に起きた37年12月からの南京大虐殺で、残虐行為を止めるよう閣議で主張しなかった「不作為の責任」などが問われた。一方で軍部の圧力を受けつつ終始戦争に反対していたとの評価もあり、オランダのレーリンク判事は「軍事的な侵略を提唱した日本国内の有力な一派に賛同しなかった」などとして、元首相の無罪を主張する意見書を出している。

 広田家の菩提(ぼだい)寺は故郷の福岡にあるが、遺族は元首相の遺髪を分けて鎌倉の寺に納め、参拝している。55年4月、旧厚生省は横浜で火葬されたA級戦犯7人の遺灰を各遺族に引き渡そうとしたが、広田家だけは受け取らなかった。弘太郎氏によると、戦犯遺族でつくる「白菊遺族会」にも参加しなかった。

 弘太郎氏は「靖国神社に行くことはあるが、国のために亡くなった戦没者を思い手を合わせている。祖父は軍人でもなければ、戦没者でもない。靖国神社と広田家とは関係ないものと考えている」と話した。

 靖国神社広報課は「広田弘毅命に限らず、当神社では御祭神合祀の際には、戦前戦後を通して、ご遺族に対して御連絡は致しますが、事前の合意はいただいておりません」としている。

 広田元首相の伝記小説「落日燃ゆ」の著者、城山三郎さんは「広田さんのご遺族の思いを聞いて、やっぱりそうか、との思いが深い。ご遺族の言葉に付け足す言葉はない。広田さんだったらどう思うか、どうしただろうか、熟慮したうえでの考えだと思う」と話している。




あちしでスね。
広田元首相、スキなんでスよ。
禅を習ってたそうで、おっしゃることが難解とゆーか。
禅問答みたいな感じがするでス。
そのわりにはダジャレもおスキだったり。
そういう人柄に魅かれまスでス。

んで。
お孫さんが仰るには。

「広田家として合祀に合意した覚えはないと考えている」

広田元首相のご家族が仰ることでスから・・・
それはそれで尊重するべきなんでしょうね。
唯一文官でらっしゃって、
くっだらない東京裁判で裁かれちゃったんでスから・・・

くっだらない裁判と言えば、広田さんの罪状。

「軍官・文官一体で世界征服しようとした罪」

( ゚Д゚)ハァ?

広田さんて平和主義者だと思うんでスが・・・
まあ首相在任時代、軍部を抑えきれなかったってことで、
その責任は軽くないという見方もあるようでスけども。

でも当時の軍部って、誰かが抑えられたんでしょうかね?
誰が首相やっても同じだったんじゃないか、と思うでスよ。
しかも死刑判決、多数決でスよ?
6対5で死刑。

ヽ《 ゚Д゚》ノ ナンジャソリャァ!!

広田さんの死刑に関しては、
主席検事のキーナンさん。
ヤケザケ飲んだそうでス。

インドのパルさんも。
オランダのレーリンクさんも無罪を主張してたのに・・・

で。
ブレークニーさんという弁護人。
戦犯全員を代表してマッカーサーに曰く、

「こんな判決、裁判所のもんじゃねーよ。
 個人的な判決だ。
 アメリカじゃあ多数決で死刑宣告しねーダロ?
 言語道断さ。
 ガッデム!」

とゆーよーに言ったとか。

ですんで。
こんな裁判で処刑されたんじゃ、たまりません。
広田さんのご遺族も、さぞかし無念でありましょう。

でも広田さん。

「自ら計らわず」

ってのが座右の銘(?)だったみたいでスね。

要はこゆことらしいでス。

「自ら策略をめぐらさず、自然に振る舞いなさい。そして自分のやったことに全責任を持ち、一切弁明しないことが大切だ」

でもって、「自ら計らわず」の信念を貫いて、
最後まで弁解せずに、そのまま逝かれた。

10万人分の減刑の署名が集まってきたのに。

広田さんの息子さんは、

「おやじが嘆願書を出してはいかんと言っております」

でそのまま処刑に・・・

「自ら計らわず」の広田さんらしいお言葉でス・・・

で、あちしが思うに。
靖国神社側のやり方に、問題がなかったとは言いません。
広田家の意見も尊重したいでス。
美化するとかそういうのではなく、
広田さんも、その他の戦犯と言われる方々も、
日本を守る為に亡くなったのは同じ。

まあ、名もない一兵卒さんからして見れば、
無謀な戦争をさせた当時の首脳、
そゆ人と一緒にされたかない。
そういう気持ちも分かりまス。
でスが、戦犯と言われる方々も、
東京裁判ていう無法の場で命がけで戦った、
そんな風に思うでス。

あちしとしては、日本の為に亡くなった方々を、
感謝の念を持って接したいと思うだけでス。
サヨサヨからしてみたら、
靖国は軍国主義の象徴ってことになると思うでスが・・・

左も右もなくでスね。
先人を敬う気持ちは、等しく持ってていいはずだと思うでスよ。
まあいまのサヨサヨは、日本を売り渡すのに必死みたいでスけど・・・

だからでスね。
そんなこっちゃいかんと思うでス。
靖国はナショナリズムを煽る場所でなくて、
御英霊を慰霊する場所でス。
隣国3人組に妥協する場所ぢゃありません。

昭和天皇陛下のお言葉を書きとめたメモとか。
色々ありましたけど、靖国神社への議論。
どんどんやればいいなあと思ってまス。
よい意味で。

ただ。
あちしの中からは、

「靖国で会おう」

この言葉は消せません。
悪しからズ。
よしなに。

そゆことでスた。

ウマク書けなくてごめんサイ。

おそまつさま。

ああ、知恵熱が出るってばよ・・・

 
クリックで応援してくだしぇ。
おねがいしまふ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕のじいちゃんも靖国に祀られています。
命日は昭和20年8月13日と記憶しています。
マニラ近郊、爆撃により。
僕は大東亜戦争を民族の叙事詩と捉えています。
100年後、200年後、世界中がこの物語を読んで涙する。
でもカルタゴみたいに滅んでしまっては何にもなりませんね^^;
2006/07/29(土) 01:49 | URL | タキオン #-[ 編集]
所詮、東京裁判なんて代物は、勝者の、敗者に対するリンチに過ぎず、関が原で石田光成が首を切られたのと同じ発想でしかない。
日本の側から見ても、A級戦犯にも何がしかのまずい点があるかも知れないにしても、敗者たる者が勝者と同じ次元で彼らを見ること自体何事か、と言いたいです。
裁かれたのは、勝者にとっての有害物扱いされたからであって、もし、勝者にとって有益なことをしてくれたならば、どうして裁こうとするだろうか。
2006/07/29(土) 10:14 | URL | DUCE #-[ 編集]
四歳の 我が降り立つ 幻を
廃線の駅 訪ね見るかな

 私も子供の時に、他所に預けられた事もあるし、養女に、貰われるという話も、あったのですよ!拙ブログで、少しずつ書いて行きます。
 ところで、長野電鉄は、何時廃線になったのですか?数年前、小布施に行った記憶が・・・

 城山三郎を読んでいたら、ある先生に「やくざ映画を見て、歩き方までやくざになっている様な奴の小説だ!」と言われました。
 根性も、ない癖に「格好だけ粋がっている!」という意味?
 でもその先生は、当然作品を読んでいませんでした。

 城山氏は、胡桃沢某の「黒パン俘虜記」の受賞に、反対して選考委員を辞任したのでしたね?
 今は、もうどちらも故人ですが・・・
2006/07/29(土) 10:26 | URL | 鵺娘 #/9u.keZw[ 編集]
ごめんね
またゆっくりきますね
2006/07/29(土) 11:21 | URL | あすとろ #-[ 編集]
まあー、いろいろなお人が居て、世の中成り立ってますからねー
この時期になると、朝日は決まってこんなようなキャンペーンを張るんですよね。
過ぎた時代は、幾らあがなっても元には戻りません。
もういい加減止めにしなさい、と言ったところで聞く耳持たぬ連中だからシカトします。
2006/07/29(土) 11:50 | URL | ばんばん #-[ 編集]
タオキンさんのお爺さんは終戦の直前だったんですね。
私の家から戦争に行った人は神風特別攻撃隊菊水雷櫻隊で、昭和20年5月11日に沖縄本島周辺に於て23歳で戦死です。
菊水作戦の第六回出撃隊です。
他の作戦なら生還の可能性もあるけど、神風とは生還の可能性が全く無いどころか生還する事を考えてない作戦です。
広田元首相の遺族の「合祀に同意していない」は何か分かる気がするな。
もし広田元首相が生きていていて「合祀します」と言われたら、「自分にはそんな資格はありません」と断ったと思います。
遺族は広田元首相の性格や普段の行動から合祀に否定と言うか、本人の意思を汲んで欲しいって思ってるのかな。
あと中国や韓国の人達は、靖国にお墓とか遺骨、位牌が有ると思っているんですね。
左翼もそう思っているのかな?
だから小泉首相や安倍官房長官が「心の問題」と言ってる意味が分からないんでしょう。
2006/07/29(土) 13:53 | URL | こと #eggAsH0k[ 編集]
合祀に合意していないって言っても
もう合祀してしまってるんだし
分祀なんて宗教上できないわけだし
もう何を言ってるんだか。。
いい加減呆れてしまいますよね。

「自ら策略をめぐらさず、自然に振る舞いなさい。そして自分のやったことに全責任を持ち、一切弁明しないことが大切だ」

道教でいうところの
「無為自然」の心境でしょうか。
生まれた国に道教は根付かず
日本に深く根付いたのは
八百万の神を昔から信じる
懐の深さと柔軟さが
日本人にはあるからなんでしょうね。

タキオンさんの言うように
日本が無くなってしまっては
もともこうもありませんよね。
日本が滅んでしまってもいいのか!
と靖国参拝反対派の売国奴たちに
問いたいです。。
考えが浅すぎますよね。
2006/07/29(土) 14:12 | URL | yaya #-[ 編集]
ことさんが書いていらっしゃる

>もし広田元首相が生きていていて「合祀します」と言われたら、「自分にはそんな資格はありません」と断ったと思います。

に同感です。また、その広田元首相が戦犯というのは全く納得がいかないです。遺族の言葉や想いを、こんなふうに採り上げるのなら、その裁判が正しかったのかというところから掘り下げるのがマスコミの仕事でしょう。自分の都合の良いところだけを大々的に報道して、事の本質を見ないというのはジャーナリズム精神が欠落しています。

広田弘毅さんの奥様は、ご主人が何も思い残すことなく刑に処せられるようにと自ら命を絶たれたのですよね。女性としては、この逸話も心に迫るものがあります。

2006/07/29(土) 19:54 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
山田牧場好きです
そういや冬のスキーは
ブランシュたかやま・菅平・湯の丸・・ぜーんぶ長野でした。しかも道路に雪は無くラッキーでしたよ・・
しかし何で今年は戦犯問題がクローズアップされるのでしょうかね。
なんかヘンだと思いませんか??
2006/07/29(土) 21:12 | URL | ゼーゼマン榊 #-[ 編集]
おはローサマー。
ウルトラ駆け足でごめんなさい。

>僕のじいちゃんも靖国に祀られています。
>命日は昭和20年8月13日と記憶しています。

おおっ。
御英霊様でらっさいまスかっ。
タキオンさんのサインください。 ←なんでだ

>僕は大東亜戦争を民族の叙事詩と捉えています。

あちしもそう思いまス。
声を大にして言うと、サヨサヨから非難ごうごうでスが。
ヽ(`Д´)ノウルサイゾ!

>でもカルタゴみたいに滅んでしまっては何にもなりませんね^^;

カルタゴでスかあ。
あんなに悲惨な最期をとげた国。
日本がそんなになったら悲しいでス・・・
2006/07/30(日) 00:10 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
おはローサマー。
ウルトラ駆け足でごめんなさい。

>戦犯とは勝者にとっての有害物

この一言が、きっちりはっきり示してると思まス。
ついでに、黄色いサルに苦しめられたことも恨みに思ってんでしょーね。
( ゚д゚)、ペッ

>勝者にとって有益なことをしてくれたならば、どうして裁こうとするだろうか。

裁かないでしょうねえ。
むしろご褒美くれそうな気が・・・
2006/07/30(日) 00:13 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
おはローサマー。
ウルトラ駆け足でごめんなさい。

>四歳の 我が降り立つ 幻を
>廃線の駅 訪ね見るかな

おおっ。
よい歌でスねえ・・・
頂いていいんでしょーか?


>私も子供の時に、他所に預けられた事もあるし、養女に、貰われるという話も、あったのですよ!拙ブログで、少しずつ書いて行きます。

舞ってまスー。
いや。
待ってまス。

>ところで、長野電鉄は、何時廃線になったのですか?数年前、小布施に行った記憶が・・・

えーと。
いつだろ。
ただでスね。
信州中野から木島とゆーとこへ行く支線、
それだけ廃線になったでスよ。
湯田中行きはまだ走ってまス。
多分。

>根性も、ない癖に「格好だけ粋がっている!」という意味?
>でもその先生は、当然作品を読んでいませんでした。

ろくでもないでスなあ。
文句言うなら読んでから。
寝言を言うなら寝てから。
これでスな。
2006/07/30(日) 00:19 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
おハローさまでス。
相変わらず忙しそうでスねえ。
仕事が忙しいのは何よりでスが、
お体に気をつけてくだサイー。
(*´σー`)エヘヘ
2006/07/30(日) 00:22 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
おはローサマー。
ウルトラ駆け足でごめんなさい。

>夏の長野はいいよね~

いーでスよー。
暑いケド。

>まあー、いろいろなお人が居て、世の中成り立ってますからねー
>この時期になると、朝日は決まってこんなようなキャンペーンを張るんですよね。

今年はずいぶん早くから飛ばしてるなあ。
そんな感じがするんでスが。
気のせいでせうか・・・

>過ぎた時代は、幾らあがなっても元には戻りません。
>もういい加減止めにしなさい、と言ったところで聞く耳持たぬ連中だからシカトします。

よく未来志向なんて言うじゃないでスか。
あちし的には「どこが?」って感じなんでスけども・・・
2006/07/30(日) 00:25 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
おはローサマー。
ウルトラ駆け足でごめんなさい。

>私の家から戦争に行った人は神風特別攻撃隊菊水雷櫻隊で、昭和20年5月11日に沖縄本島周辺に於て23歳で戦死です。
>菊水作戦の第六回出撃隊です。

菊水作戦でスか・・
特攻でスねえ。
生きて帰ってこられるわけでもないのに・・・

>広田元首相の遺族の「合祀に同意していない」は何か分かる気がするな。

あちしも分かる気がしまス。

>遺族は広田元首相の性格や普段の行動から合祀に否定と言うか、本人の意思を汲んで欲しいって思ってるのかな。

多分そうだと思まスね。
広田さんてそういう方だと思うので・・・
まあそれと分祀とは、また話が違いまスけども。

>左翼もそう思っているのかな?

思ってるんじゃないでスかあ?
もしくはわざとそのように広めようとしてる、とか・

>だから小泉首相や安倍官房長官が「心の問題」と言ってる意味が分からないんでしょう。

外人が分からないのはともかく、
サヨサヨが分からないというのは、詭弁なんじゃないかと・・・
2006/07/30(日) 00:31 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
おはローサマー。
ウルトラ駆け足でごめんなさい。

>いい加減呆れてしまいますよね。

当事者のでスね。
広田さんとそのご家族。
そういう方が合祀しないで、
なんて言うのは、まあわかるんでスが。
朝日みたいにでスね。
だから分祀しろ、みたいな論調には賛同しかねるんでスな。
思うことは沢山あるんでスけども、
うまく文章にでけないので。
また書くでス。

>タキオンさんの言うように
>日本が無くなってしまっては
>もともこうもありませんよね。

ほんとでスよ・・・
日本を命がけで守ってくれた英霊に、
顔向けができゃしませんでス。

>考えが浅すぎますよね。

そーだそーだ。
(#゚Д゚)ドルァ!!
2006/07/30(日) 00:37 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
おはローサマー。
ウルトラ駆け足でごめんなさい。

>また、その広田元首相が戦犯というのは全く納得がいかないです。遺族の言葉や想いを、こんなふうに採り上げるのなら、その裁判が正しかったのかというところから掘り下げるのがマスコミの仕事でしょう。自分の都合の良いところだけを大々的に報道して、事の本質を見ないというのはジャーナリズム精神が欠落しています。

あちしも納得いきません。
東京裁判を批判する気概もないくせに、
靖国に参拝することは批判する。
ただの内弁慶やろうでスがな。
そんなメディアなんざいりませんし、
少しはジャーナリスト魂を見せてみろ、っていう。
(#゚Д゚)ヴォケ!!



>広田弘毅さんの奥様は、ご主人が何も思い残すことなく刑に処せられるようにと自ら命を絶たれたのですよね。女性としては、この逸話も心に迫るものがあります。

奥さんの静子さん。
先に逝かれましたね・・・
でも広田さん、奥さんが亡くなった後も、
家に出す手紙の宛名。

「シヅコドノ」

だったそうで。
男でスな・・・
2006/07/30(日) 00:42 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
おはローサマー。
ウルトラ駆け足でごめんなさい。

>長野といえば
>山田牧場好きです

おおっ。
山田牧場、ご存知でスか。
あちしの田舎から近いでスねー。
奇遇でスねー。

>ブランシュたかやま・菅平・湯の丸・・ぜーんぶ長野でした。しかも道路に雪は無くラッキーでしたよ・・

志賀高原もいいでスよ。
イヒヒ。
野沢菜もオイシーでス。
きゃきゃきゃ。

>しかし何で今年は戦犯問題がクローズアップされるのでしょうかね。
>なんかヘンだと思いませんか??

戦後60年てのが関係あるでスかね。
日本もドイツみたいに、戦犯に責任おっかぶせて。
でもって知らん振りを決め込もう。
そんな連中がいたりするでしょーか?
2006/07/30(日) 00:49 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
>靖国で会おう

重く悲しい言葉です…
2006/07/30(日) 14:22 | URL | 刀舟 #cMnBD31A[ 編集]
おハローサマー。
ぶっちぎりで急いでまス。
ごめんちゃーい。

>>靖国で会おう
>重く悲しい言葉です…

全くでス・・・
その言葉を受け止めて、
これからに生かすことができるかどうか。
そこら辺が今の日本人に問われてるんだと思うでスが・・・
2006/07/31(月) 10:01 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
昭和天皇が、自らのお心に靖国の祭神基準をお持ちであったであろうことは想像に難くありません。史料や徳川侍従長の言葉等からは、所謂A級云々等ではなく軍人かどうか、死刑による死であったかに等に拘りをもたれていた節は、多くの史料からも見受けられます。
靖国の祭神基準については、論議が有っても良いと思いますが、かのメモと同じく、この様な政争の具に使われるのは、本人もご遺族も心外なのでは無いでしょうか?
2006/07/31(月) 14:17 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
おハローサマー。
ウルトラ駆け足ですみまへん。

>昭和天皇が、自らのお心に靖国の祭神基準をお持ちであったであろうことは想像に難くありません。史料や徳川侍従長の言葉等からは、所謂A級云々等ではなく軍人かどうか、死刑による死であったかに等に拘りをもたれていた節は、多くの史料からも見受けられます。

Cool.さんのところに、そのような記事がUPされてるでス。
なるほどなあと思いまスた。
まだまだ勉強不足でス・・・

>靖国の祭神基準については、論議が有っても良いと思いますが、かのメモと同じく、この様な政争の具に使われるのは、本人もご遺族も心外なのでは無いでしょうか?

あちしも全く同感でス。
いつまで御英霊を政治の道具にするだか。
不敬でスよ。
不愉快きわまりないでス・・・
2006/07/31(月) 15:50 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/127-2ad2daba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「ウヨサヨ判定」というWebを見つけたのでお知らせです!回答は五段階の選択方式で、その質問によりますが、私は真ん中か、一つ上にチェックを入れる事が多かったです。もちろん、一番上にチェックをいれる事もあり、その逆もありました。その判定の結果は、下記の通り右翼
2006/07/29(土) 14:01:46 | 憂国、喝!
某2ch掲示板で、1日程度かけて、あらゆる角度から検証されている。いろいろと、突っ込みどころが多くてスレ自体は結構混沌としていたが(錯乱作戦実行部隊もいたんだろうけどね)その中でも、確度が高そうなものを記しておこう、捏造報道確定にはいたらないと思うが、検証材
2006/07/29(土) 14:43:06 | ネット的記憶装置
最近、あちこちから時期を合わせたかのように「先帝は合祀に反対だった」証言が出てきていますね。 だから富田メモの真偽を云々している場合じゃないって言ったのに。今日は、ちょっと野暮用で、日比谷にある某会員制クラブに行ってきました。会員制クラブといえば、てっく
2006/07/29(土) 17:45:04 | coool!
前回、昭和天皇がいわゆるA級戦犯の合祀について不快感を示されたとするメモに便乗して、分祀論を唱える方々のニュースを引用しました。特に、保守政党であるはずの自民党の古賀誠氏を始めベテラン議員からそうした声が聞か
2006/07/30(日) 00:12:35 | 新・へっぽこ時事放談
広田弘毅広田 弘毅(廣田 弘毅)(ひろた こうき、1878年(明治11年)2月14日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は日本の外交官、政治家。第32代内閣総理大臣。生涯 生い立ち 1878年2月14日、福岡県那珂郡 (筑前国)|那珂郡鍛冶町(現・福岡市中央区 (福岡市
2007/08/15(水) 08:14:43 | あすかのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。