高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
クリックしてもらえると、ランキングの順位が上がるでス。
何がもらえるってわけでもないでスが、順位が上がると書く気になるでス


今日は宿直でス。
でスんで、会社にいまス。
電話が鳴ったら応動しなきゃなりまへん。
あーあ。
なんも出ないといいなあ。

で。
昔話でス。
あちし子供の頃、家が結構ビンボーででスね。
食べる米が、ナイ。
そんな時期があったでスな。
しょーがないので水団食べて暮らしてたこともあったでスよ。
ウソつけと思うかもしれませんが本当でス。
ヒヒヒ。
今でも水団食べるとナチカシーと思うでスけん。
ついでに言うと、卵焼きなんざごちそーでス。
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

なんでそんな話かとゆーと。
中国さんの農村の話を書くからでス。
中共もヒデーなとゆー話でスんで。
よろしくでス。

大紀元日本から引用でス。
--------------------
七歳の中国人子ども:「生きることは辛いんだ。彼女を助けてどうするの」

 【大紀元日本5月16日】「生きることはこんなに辛いんだ。彼女を助けてどうするの」と劉輝(リュウキ)君は言った。

 中国紙「揚子晩報」4月27日付けの報道によると、4月19日夕方、七歳の男の子・劉輝君が漁船の上で遊んでいる時、一緒にいた2歳年下の妹が足を滑らせ河に転落した。助けを求める妹に対し、目の前にいた劉輝君は手を差し伸べることもなく、大人を呼ぼうともせず、何事もなかったように遊び続けたという。結局妹はそのまま河に流され、水死した。後に事件を知った大人たちがなぜ周りの人に救援を求めなかったのかと聞くと、劉輝君は冷静に上述の言葉を口にした。

 劉輝君がこのような冷ややかな言葉を発した背景には、彼の幼いころからの苦難に満ちた生活がある。劉輝君は数年前に、両親と共に北部の山東省から南部の江蘇省蘇州市に出稼ぎにやってきた。両親は太湖で漁をして生計を立てていたが、その後両親が離婚、母親は幼い兄妹を残し再婚した。父親は酒浸りとなり、騒ぎを起こして労働収容所に監禁された。年老いた祖父母のわずかな収入が、一家の生活を支えている。劉輝君は両親の愛情に飢え、衣食さえ満足にない状況だ。妹は度々町でモノを拾って食べていた。幼稚園に入園したばかりの劉輝君は他の園児らとの生活レベルの違いを意識するようになり、幼いながら生活の辛さを身に染みて味わった。

 大人を唖然とさせた幼い劉輝君の冷淡な言葉の裏には、一見繁栄しているかのように見える社会環境の背後に隠れた極端な貧富の差が伺える。例え家庭生活において様々な問題があったとしても、最低限の生活が保障されていたならば、幼い劉輝君も恐らく人生に対する自信と社会に対する希望を失わなかったはずである。

 児童の心は種まき前の肥沃な土地であるとよく言われる。蒔く種次第で、それに応じた収穫が待っている。美しい夢を蒔けば、たわわな実を結ぶ。希望の種を蒔けば、豊作を迎える。冷たい感情しか注ぎ込まなければ、冷血な人間が育つ。怨恨の種を蒔けば、憎しみを収穫することになる。我々が社会的弱者に対して手を差し伸べなければ、社会に対する反逆者、怨恨者が必然的に増加することになる。そして将来、我々自身が、自らの無情に対する重い代価を支払うことになるだろう。
--------------------

はっきし言って無茶苦茶でスな。
子供に「生きててどーすんの?」
と思わせるとこがスゲイ。
中共の方針が「社会の成長の後に人民」
ってのがあるらしいでスけん、こうなるんでしょうけど。
これだから中共ってのはキライなんでスよ。
( ゚д゚)、ペッ

で。
ジニ係数とゆーのがありまスて。
ご存知の方は飛ばしてくだせい。
えへ。
この係数、所得の格差を示すもんらしいでスが。
完全に平等な状態を0、
完全に不平等(よく分からん日本語でスが)、
要は一人の人間が社会全体の富を独り占めする状態が1になると。
そゆ感じの係数らしいでス。
あちしはエンゲル係数しか知らんかったでスよ。
ヒヒヒ。

イヤイヤ。
ジニ係数。
中国の数値がスゴイでスね。
2000年の数値で、0.458だそうでス。
普通は、0.4を超えると格差が大きい社会。
0.5だと社会の安定が損なわれるということっぽいでスよ。

いやあ。
もうすぐ0.5でスなあ。
ってーか、6年前の数字だからなあ。
もう0.5超えてるかもしんないでスよねえ。

ここで素朴な疑問が。

共産主義って貧富の差がないんじゃないの?

市場経済の原理を一部導入だかなんだか知らないけど、
どう控えめに見たって社会主義じゃないし。
平等っていう理想捨ててるし。
毒にしかなってないス。

何が言いたいかとゆーと。

中国共産党、いらないぢゃん。

そゆことでス。
中共、なんかの役に立つんでスかね?
へ(゜∇、°)へ ケケケケ

おそまつさま。

 
クリックしてもらえると、ランキングの順位が上がるでス。
何がもらえるってわけでもないでスが、順位が上がると書く気になるでス


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
国家レベルでは驚異的経済成長をしたが沿海州と内陸部のギャップ、
特権階級の腐敗、貧富の落差の拡大等々、中国の抱える問題は多すぎる。
余りに広すぎる国、多すぎる人口、国家の統制が利かなくなった時この国はどうなるのだろうねー
歴史は繰り返すって言いますけど内部崩壊なんて事になったら・・・
普段中国を良く思わないおいらですけど中国動乱、何って思っただけでゾッとしますよ。
ああー 悪ーい夢見たなーーー
2006/06/11(日) 11:14 | URL | ばんばん #-[ 編集]
ばんばんさん、ごきげんよう。
悪夢、いやーん。
フレディよりコワイっス。

>歴史は繰り返すって言いますけど内部崩壊なんて事になったら・・・

コワイでスねー。
ちびりそうでスねー。
難民沢山来そうでスねー。
日本も受け入れることになんのかなあ。
困るでス。
瓦解すんのは勝手でスけど、
その後まで日本に迷惑かけんのはやめちくり、っていう。

>ああー 悪ーい夢見たなーーー

正夢だったりして・・・
2006/06/11(日) 11:50 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
>中共の方針が「社会の成長の後に人民」
ってのがあるらしいでスけん、こうなるんでしょうけど。

虚構ですね。
中身がスカスカでは
成長も何もあったもんじゃないでしょうに。。

ジニ係数。
知らなかったです。
確実に中国は0.5切ってそう。
崩壊の日は近い!?
2006/06/11(日) 12:54 | URL | yaya #-[ 編集]
yayaさん、ごきげんよう。
あちらさん、虚構でスなあ。
何もかも虚構な気がしてきたっス。
まあうまいこと国を豊かにして、
その後人民をなんとかしよか、
ちうことでスけども、
それまでの間、人民は放置でスな。
( ゜д゜)、ペッ

>崩壊の日は近い!?

近そうでスなあ。
北京オリンピック後は危ないなんて言いまスねえ。
それまで持つのかって話も聞かないではないでスが。
中国分裂したら内戦になるでしょーから、
難民はどうするのかとか、
日本に敵対的な勢力はどうすんのかとか、
いろいろありますわね。
日本もそれに備えとかないと、
エライ目に遭いそうな。
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
2006/06/11(日) 13:04 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/14-f42635ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。