高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだでスね。

整体効果が残ってまス。


若手(?)整体師の独り言さん。


ありがたふ。


若手(?)整体師の独り言さんのとこ読んでて思ったのどスが。

皆さんでスね。

あちしをでスね。


誤解してるよーでスね。


いい方にネ。


((´∀`))ケラケラ


普段は真面目そうとか。

そう言ってもらえるのはでスね。

ありがたいでスが。

まあネ。

それはネ。


ないネ。


通常状態がこんなもんでス。


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノ \ / \


でスんででスね。

かみさんの友達からはでスね。


変わってるネ。


なーんて言われてるらしいでスね。


(*´∀`)アハハン♪


まあ。

別にいーんでスよ。

会社じゃあれだ。


芸人なんて言われてるし。


本人至って真面目なつもりでスが。

ボーっとして機能停止してる時以外はでスね。

何分かに一回は。

なんかしら冗談やらんと。


気がすまない。


そーゆー人間でス。


((´∀`))ケラケラ


ちうことで。

これからもよろしくお付き合いくだサイ。


<(_ _)>


本題逝く前にでスね。





↓のバナーをでスね。


 

クリックしてほしーでス。






ちうことで。

本題逝くでス。

あちしが何故ブログを書き始めたか。

そゆ話。

例によってでスね。

あんまりまぢめに書けませんので。

よろちゅーに。

んでわ。

まズ。

以前にも似たようなこと書いた気がしまスが。

それわ置いといて。

逝くでス。

何故か?

話すと長いでスが。

簡単に言うとでスね。

なんで日本てこんなに叩かれてんだ?

そーゆーとこからでスね、始まったのは。

そゆ時にでスね。

アジアの真実さんとか。

そゆとこを読み始めたでスな。

で。

へー。

とか。

ほー。

とか。

おおー。

とか。

読んでて思うようになったわけでス。

で。

昔からでスね。

教科書で習ったこと。

多少疑問には思ってたでスよ。

あちしらのじいさま。

そんなに悪いことしたのか?

とゆーふーに。

んで。

自分なりに色々調べてくとでスね。


そんなことはない。


むしろ。

他国の軍に比べてでスね。


圧倒的に規律正しかった。


あちしはそう思ってまス。

んで。

かみさんのでスね。

じいさまがでスね。

南方にいたんでスよ。

陸軍の兵隊さんで。

でもって。

写真をネ。


もらっちゃった


スゲイうれしい・・・

ちうんで。

見せびらかしついでに。

ここにもUPしまスだ。

今日はネ。

一枚だけ。

こんなのでス。

九七式写真



じいさまが乗ってた飛行機。


生写真でスよ?


貴重でスよ?



スゲイよ、じいちゃん・・・

これって資料としても貴重なんじゃないでしょーか。

今度スキャナでちゃんと保存しとくんだー。


(*´∀`)アハハン♪


んで。

じいさま。

写真の裏にでスね。

説明をつけてくれてるんでス。

九七式覚書


曰く、

九七式爆撃機    ←多分九七式重爆撃機のことだと思まス
支那事変
大東和戦争参加   ←大東亜戦争でつね
私が乗って居た飛行機


支那事変・・・

歴史を感じまスよねえ。

九七式重爆。

本物を見られるとはオモワナンダ・・・ ←写真だけど

んで。

アップで撮ったのがコレ。

九七式アップ



カコイイよ・・・

右の主翼の下にでスね。

うっすらと。


日の丸が見えまスね。


陸軍航空隊の証でスな。


Σd(゚∀゚d)イカス!


あんまり自慢してるとでスね。


(# ゚Д゚) <テメー!!


とか言われそうなんで。

今度スキャナで取り込んだら。

欲しい方にはjpegファイルで差し上げまス。

コメントにでスね。

非公開にしてでスね。

メアド書いといて頂ければでスね。

送りまスよ。

ホント。

んで。

こっからは。

かみさんがじいさまに聞いた話。

あちしは又聞きなので。

多少正確でないとこもあるでス。

どじょ。

以下一人称で書きまスが。

それはみんなじいさまのことでス。


ここからじいちゃんの話~~~

俺はナ。

タイのバンコクにいたことがあって。 ←どこにいたかはちょと不正確

向こうじゃ娯楽がないから。

飲み屋に行くか。

ストリップ劇場に行くか。

そんくらいしかないんだナ。

若いもんと一緒に行くんだけど。

日本ではそんなもん見たことないから。

みんなびっくりして。

(日本も)戦争に負けたら。


日本の女がこんなことをしなきゃあならんのだな。


だから俺たちゃ、頑張らなけりゃならない。


そういう風に皆と話してた。



~~~ここまでじいちゃんの話


じいちゃん・・・

カコイイね・・・

思うに。

じいさま達の世代がでスね。


最後の、本物のサムライ。


なのかなあと。

そう思まス。

ここんとこでスねー。

イヤな話がいっぱいあるじゃないでスか。

いぢめで自殺したとか。

そのいぢめを教師も一緒になってやってたとか。

国旗がいけないとか。

国歌がいけないとか。

愛国心はいけないとか。

話にならんでスよ。

↑に書いたじいさまの話。

「頑張らなきゃならない」とゆーとこ。

そーゆーこと抜かしてる連中。


じいさまのこの言葉。


どう聞くんだ?



これも軍国主義の考え方だってか?

そんなことナイでスよね。

じいさま達は。


日本と。

そこに住んでる人達を守りたかった。



そゆことでスよね。

まあ。

日本軍の中に少しは。

野蛮なこともあったでしょうが。

大略、じいさまの言ってることがでスね。

共通の思いだったと思うでスよ。

んだからでスね。

命がけで日本を守ってくれたじいさま達。

ばあさま達もそうでス。

そゆ人たちをでスね。


あちしらの世代が守ってやらんでどーする?


そう思うわけでスな。

まあ。

感情論かもしれないでスけどネ。

そんなわけで。

今こーゆーブログを書いてるわけでスな。

少しでもでスねー。

日本が叩かれてるのが。

いかに不当かってのをでスね。

知ってもらってでつね。


「へー、そーなんだ」


と思ってもらえれば。


本望でスがな。


時間を割いて書いてる甲斐があるってもんでス。


・:*:・(*´▽`*)うっとり・:*:・


まあ。

アレだ。

あちしまだこゆことに関しては初心者でスんで。

拙いとこがママあると思いまスが。

これからもよろしくお付き合いくだサイ。


<(_ _)>


リンクさせてもらってる方もでスね。

みんな(゚∀゚)イイ!人ばっかりで。

大変勉強させてもらってまスでス。

ありがとうおじゃりまス。


<(_ _)>


これからもご指導くだサイ。

トラックバックもくだサイ。

コメントもでスね。


くだサイ。


コメントなんか書いたことねーよ。

そゆ方もでスね。

書いて頂ければでスね。

お茶くらい出すよ?


((´∀`))ケラケラ


そーゆーことでスた。

あ。

写真は後何枚かありまス。

スゲイ貴重なやつでス。

欲しい方はでスね。

非公開にして、メアドを書いたコメントくだせい。


(*´∀`)アハハン♪


おそまつさま。


 
クリックで応援してくれろよ。








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
良いお話をありがとうございます。

>あちしらの世代が守ってやらんでどーする?

全くその通りだと思います。
先人に尊敬と感謝の念を抱き、
今度は我々が先人の頑張りと今後の日本を支える、
当然のことでしょう。

それに、ご指摘のとおり色々と問題も多いですが、
かっぱやろうさんを始め、
ここにコメントをされてる方、
それから自ブログにコメントを頂く方、
みんな真っ当な方々ばっかりです。
まだまだ真っ当な日本人はたくさんいます。
私自身たいしたことは出来ませんが、
出来る限り何か出来ればと思います。
自分のためにも、
そして子どものためにも…
2006/10/17(火) 12:33 | URL | 刀舟 #cMnBD31A[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/17(火) 13:00 | | #[ 編集]
うわー かっぱさん、なかせるねー^^;
子は親の背を見て育つって言いますんで、おいら子供の前では背を見せんように、かにの横ばいで歩いとります^^; ウソツキデス
でも、思うにですね、先人は何か目的に向かって燃えるような熱情がありましたね。
おいら、ノンポリに育って、うらやましと思うですよ。
おそくはない! これから壮大な目標を定め・・・・ オモイツカヌ
2006/10/17(火) 13:03 | URL | ばんばん #-[ 編集]
長い航海中には、レクレーションとして川柳なんぞを募ってほのぼの(?)したりします。
で、東南アジアを航行中に行われた時の川柳募集で
「戦争に 勝てばこの辺 警備区か?」
という句を詠んだのは私です。(知らんがな)
これは、「こんな熱いトコイヤー!!」という思いと、「遠いよ・・・日本までさ・・・orz」という想いの丈を詠んだものなのですが、あの戦争において、先人が血を流し勝ち得た信頼(特亜3馬鹿以外)が現地で脈々と息づく事を実感できるあたり、今更ながら自然と頭が下がります。
ちなみに、海自では東南アジアを航行する際、予定針路を鑑みてその付近で起きた戦闘にちなんで洋上慰霊祭を実施しております。

安い日本酒(たしか月○冠)でしたが、飲んでもらえたかな?
2006/10/17(火) 13:12 | URL | 落ち太郎/msdf #-[ 編集]
かっぱさぬ
(つд⊂)エーン
泣かせてくれますね。
ブログの先輩に、いつもでかい態度の私をお許し下され。
( TДT)ゴメンヨー

おじいさまは、この話だと、まだお元気とお見受けしますが。
そうなら、後の日本は引き受けたと安心させてあげたいですね。
私の父は志願で海軍でしたが、おかげ様で元気です。

>だから俺たちゃ、頑張らなけりゃならない。
・これはね、重い言葉ですよ。
そして、終戦後生き残った家の父とかもね、散った人が残してくれた国を復興せねば申し訳が無いと必死で働いたようですね。
生き残った人の思いも、やはり重いですよね。
私らのところで、ぶった切って良い訳無いですよ。

かっぱさぬ・・・・・・・・・・
写真・・・・・・・・・・・・・
( ゚д゚)ホスィ…、・・・・
ヽ(´ー`)ノオクレヨ・・・・
(人∀・)タノム
2006/10/17(火) 14:14 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
 ババアが来た事もありました。
 その人は、黒人とのハーフのBちゃんと私に「縮れと赤毛は、不愉快だから教室から出て行って!」「ゴールデン・ハーフなんて威張っていても(以下自粛)」と言いました。
 「あんた達のお母さんみたいな女が、いると女性全体の地位が低くなる!」そうです!
 私達は別にパ●●ンの子じゃありませんよ!
 例えそうだとしても子供に罪は、ないでしょう?
 それでいて自由恋愛は勧めているのですから!

恋多き 女の性を 守る為
立てられたりし 防波堤かな

 「ウチの母達が防波堤になって上げなきゃオバサンは、責められる側に回っていたんですよ!」
 「汚い髪の毛!」頭を叩いて来たから反撃しました。
 「お年寄りに何をするんだ!」と言われたけれども私も小3でした!
2006/10/17(火) 15:50 | URL | 鵺娘 #/9u.keZw[ 編集]
気分のめいるようなニュースの多い中、いい話を聞けてよかった。
奥様にも「ありがとうございます」とお伝えくださいませ。

まだまだ日本の良さに気がついていない人が多いと思うのです。
ブログのひろがりは、非力なようですがじわじわと効いてくるハリ治療のようなもの(打ったことないけど)、
これからもがんばっていきまっしょい。
2006/10/17(火) 16:47 | URL | ぴちょ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/17(火) 17:21 | | #[ 編集]
左巻きな連中ばかりの意見が
まかり通ってる感じがして、
こういう良いこと、大事なことは
全くと言っていいほど
表に出てこないんですよね。
実に悔しいです(T皿T)

私も何の気ナシにブログを始めた矢先に
特亜の反日行動を見て、「なんで?」と
思いながら調べてたら、いつのまにか
あのようなブログに(^^;)

>だから俺たちゃ頑張らなけりゃならない

これ、今の私たちもしっかりとドタマに
叩き込まんといかんです(`・ω・´)
特亜が崩壊、日本が真の独立国になるまで
頑張りましょう(`・ω・´)ノ ウシャ!!

こういういい記事を速攻で広めるいい方法って、
やっぱり電波ジャックしかないでしょうね(^^;)


私も写真欲しゅうございます<(_ _)>
嫁さんが「綺麗~♪」と喜んでおりました(^^)
2006/10/17(火) 18:16 | URL | 勉強中の整体師 #-[ 編集]
かっぱやろうさんのブログは独特の表現法や絵文字がたくさん使われていて面白いです。面白いと、ついつい影響うけちゃうのがわたしで、絵文字の多用はこのブロクからの影響で、ハチャメチャ当て字のほうはtonoさんから影響されました。
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
2006/10/17(火) 18:55 | URL | DUCE #-[ 編集]
同感です。守らにゃならんよ。戦地に赴いた兵士を!銃後として守った女性を!少年や老人を!
後世の人間が、見下したように一方的に断罪するのは、傲慢と言うものです。
ただ、ロシアや中国やアメリカに尻尾をふった恥さらしどもは、許しません。


この前、少し触れた、90近いジジイは、チョンジン(北朝鮮)に行ったそうで、その時、南方へ行った輸送船は米軍機の襲撃で沈没して全員死んだそうです。
ウチのジジイは、徴兵に引っ掛かる前に、戦争終わりました。昭和一桁生まれだから。


かっぱさんが30過ぎだから、お祖父さまは、大正10年代生まれかな?
2006/10/17(火) 20:30 | URL | NS大川 #-[ 編集]
いいお話をありがとうございます。
やはり、当事者から聞くことは何にも勝りますね。

そういえば、やはり戦闘機に乗っていらした方がこんなことを書かれていました。
夕暮れ時に宿舎に向かって歩いているときに、すれ違ったお婆さんが「本当にご苦労様です」といってくれ、一緒にいた女の子の可愛らしい笑顔を見て、「あの二人のためなら命は惜しくない。」と思われたそうです。そして同行していたお仲間に言うと「俺も同じことを思っていた。」と言われたそうです。
その頃の若者は、日本の美しいものや弱い者を守ろうという気持ちが強かったと、書かれていました。

2006/10/17(火) 23:34 | URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
TBさせていただきました。
かっぱさんの義理のお祖父さまが、祖国を、また愛する人たちを護るために戦地に赴いていた旨、痛いほど伝わる記事でした(礼)。

反面、そういった人たちの気持ちを踏みにじる「大バカ野郎」が存在することを、もっと国民に知って欲しいものです。
拙僧がエントリーした愚記事で恐縮ですが、何かのお役に立てればと、TBさせていただいた次第です。
ご了承ください。

よいお話、ありがとうございました(南無…)。
2006/10/18(水) 09:01 | URL | おしょう #-[ 編集]
管理人さん初めまして毎朝通学中に読ませて頂いてます。
この話を読んでやっぱり日本人は本当のことを知るべきだと思いました。
純粋な気持ちで戦い、日本を守ってくれた日本軍の方々(うちのじいちゃんも含めて)を悪くいう間違った歴史はやはりおかしいと改めて思いました。
今後も記事の更新を楽しみにしています。
m(_ _)m
2006/10/18(水) 09:14 | URL | 代ゼミ生 #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>こんにちは
>良いお話をありがとうございます。

<(_ _)>

ナニをおっさりまスやら。

普段からしてがでスね。

刀舟さんのがいいお話を。

あちしはふざけ半分でスけん。 ←ほんとかよ

>>あちしらの世代が守ってやらんでどーする?
>全くその通りだと思います。
>先人に尊敬と感謝の念を抱き、
>今度は我々が先人の頑張りと今後の日本を支える、
>当然のことでしょう。

そーなんでス。
受けた恩は返さんといけまへん。
∩( ゚Д゚)⊂オラッシャァァァ!!!


>それに、ご指摘のとおり色々と問題も多いですが、
>かっぱやろうさんを始め、
>ここにコメントをされてる方、
>それから自ブログにコメントを頂く方、
>みんな真っ当な方々ばっかりです。
>まだまだ真っ当な日本人はたくさんいます。
>私自身たいしたことは出来ませんが、
>出来る限り何か出来ればと思います。
>自分のためにも、
>そして子どものためにも…

。 ・ ゚ ・(。´ノω・`)。 ウウゥゥ
さすが刀舟さん。
いいことをおっさる。
まだまだ日本も捨てたもんぢゃないでスよねえ。
皆で、ガン( ゚д゚)ガリましょう。
うおー。
2006/10/18(水) 13:15 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>目がおよぐ^^;

(`Д´≡`Д´)??

こんなカンジ?

いひひ。

>うわー かっぱさん、なかせるねー^^;

(*´∀`)アハハン♪

泣きまスたか。

あちしはでスね。

写真もらったのが。

泣けまスた。

・゚・(つД`)・゚・

>子は親の背を見て育つって言いますんで、おいら子供の前では背を見せんように、かにの横ばいで歩いとります^^; ウソツキデス

((´∀`))ケラケラ

んじゃああちしはでスね。

仰向けでズリズリ動かんじゃならんでス。

背中イタソー。


>でも、思うにですね、先人は何か目的に向かって燃えるような熱情がありましたね。
>おいら、ノンポリに育って、うらやましと思うですよ。

ホントでスよなあ。

最近はアレでスねえ。

世の中豊かになったなんて言いまスが。

どっかになんかを忘れてきたような気がしまスねえ。 ←いいこと言った

>おそくはない! これから壮大な目標を定め・・・・ オモイツカヌ

んぢゃ、あちしも。

死ぬまでに牛丼を百杯食べる! ←やめれ

あうあ。
2006/10/18(水) 13:21 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>川柳。
>長い航海中には、レクレーションとして川柳なんぞを募ってほのぼの(?)したりします。

おおっ。
さすが水兵さんっ。
今度サインくだせい。
<(_ _)>

>で、東南アジアを航行中に行われた時の川柳募集で
>「戦争に 勝てばこの辺 警備区か?」
>という句を詠んだのは私です。(知らんがな)

((´∀`))ケラケラ
臨場感溢れてまスねえ。
おもろいでスねえ。
あちし。
こーゆーの大スキ。
いひひ。

>これは、「こんな熱いトコイヤー!!」という思いと、「遠いよ・・・日本までさ・・・orz」という想いの丈を詠んだものなのですが、あの戦争において、先人が血を流し勝ち得た信頼(特亜3馬鹿以外)が現地で脈々と息づく事を実感できるあたり、今更ながら自然と頭が下がります。

現役さんがおっさると。
重みが違いまスなあ。
あちしもアタマが下がるでスよ。
お腹の肉も下がってくるけど。
_| ̄|○
昔の人は偉かったでスねえ。
んでもでスね。
落ち太郎さんもエライ、でス。
日々ご苦労様でス。
<(_ _)>

>ちなみに、海自では東南アジアを航行する際、予定針路を鑑みてその付近で起きた戦闘にちなんで洋上慰霊祭を実施しております。
>安い日本酒(たしか月○冠)でしたが、飲んでもらえたかな?

( ;∀;) イイハナシダナー

きっと喜んでまスよー。
ちうか、落ち太郎さん。
あちしを泣かせようとしてるでしょ。
泣いちゃうから。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
2006/10/18(水) 13:24 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>おじいさま、陸軍ですか。

陸軍でスー。
満州にも南方にもいたらしい(?)でス。

>かっぱさぬ
>(つд⊂)エーン
>泣かせてくれますね。

うううっ。
あちしも書いててでスね。
泣きそになりまスたよ。
(;つД`)

>ブログの先輩に、いつもでかい態度の私をお許し下され。
>( TДT)ゴメンヨー

なにをおっさるやら~。
おtonoさま、人生の先輩ぢゃないでスかあ。
とか言ってみたりしまス。
(´∀`*)ウフフ

>おじいさまは、この話だと、まだお元気とお見受けしますが。
>そうなら、後の日本は引き受けたと安心させてあげたいですね。

もうそろそろ百に近いようで。
でもまだまだ元気でスねえ。
まだまだ聞きたいことがしこたまあるでス。
うおー。

>私の父は志願で海軍でしたが、おかげ様で元気です。

水兵さんでスか。
誇り高い帝国海軍でスねえ。
カコイイでスねえ。
Σd(゚∀゚d)イカス!


>>だから俺たちゃ、頑張らなけりゃならない。
>・これはね、重い言葉ですよ。

全くでス。
のうのうと生きてたらでスね。
ご先祖さんに申し訳がないでス。
だからでスね。
ガン( ゚д゚)ガル!!でス。

>そして、終戦後生き残った家の父とかもね、散った人が残してくれた国を復興せねば申し訳が無いと必死で働いたようですね。
>生き残った人の思いも、やはり重いですよね。
>私らのところで、ぶった切って良い訳無いですよ。

んだんだ。
おtonoさまも、みんなで一緒にガン( ゚д゚)ガリましょう。
あちしも微力でスが。
がんがるでス。
(# ゚Д゚) <うおー!!

>かっぱさぬ・・・・・・・・・・
>写真・・・・・・・・・・・・・
>( ゚д゚)ホスィ…、・・・・
>ヽ(´ー`)ノオクレヨ・・・・
>(人∀・)タノム

。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひ!

欲しいでスかあ? ←だからやめれちうの

スキャナで取り込み次第でスね。

お送りしまスでスよ。

<(_ _)>

もう少しお待ちくだされ。

(*´∀`)アハハン♪
2006/10/18(水) 13:36 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>トラックバックの話と対になるのですが
>ババアが来た事もありました。
>その人は、黒人とのハーフのBちゃんと私に「縮れと赤毛は、不愉快だから教室から出て行って!」「ゴールデン・ハーフなんて威張っていても(以下自粛)」と言いました。
>「あんた達のお母さんみたいな女が、いると女性全体の地位が低くなる!」そうです!
>私達は別にパ●●ンの子じゃありませんよ!
>例えそうだとしても子供に罪は、ないでしょう?
>それでいて自由恋愛は勧めているのですから!


いわゆるアレでスか。
人権屋?
ハーフの友達、カコイイでスねえ。
あちしも昔でスね。
ジョン・パウダー君ていうでスね。
外人さんの友達がいたでスよ。
すぐ引越しちゃったけど。
髪の色もなんも、人間性には関係ありません。
きっぱり。

>恋多き 女の性を 守る為
>立てられたりし 防波堤かな
>「ウチの母達が防波堤になって上げなきゃオバサンは、責められる側に回っていたんですよ!」
>「汚い髪の毛!」頭を叩いて来たから反撃しました。
>「お年寄りに何をするんだ!」と言われたけれども私も小3でした!

小3でスかあ。
ぢゃああれでスね。
ババーがいけないでスね。
そんな変な年寄りはでスね。
飛び蹴りでス。
(-人-)ナムナム
2006/10/18(水) 13:40 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>わたしに何ができるだろう

むう。
あちしも。
なにができまスかねえ。
・・・?
かっぱおどり? ←明らかに違う

>気分のめいるようなニュースの多い中、いい話を聞けてよかった。
>奥様にも「ありがとうございます」とお伝えくださいませ。

気に入っていただけて何よりでス。
奥様。
チョーシに乗りまスよー。
ウソでス。
すみません。 ←ダレに謝ってんだ

>まだまだ日本の良さに気がついていない人が多いと思うのです。
>ブログのひろがりは、非力なようですがじわじわと効いてくるハリ治療のようなもの(打ったことないけど)、

おおっ。
ぢゃあガンバラないといけませんねえ。
あちしも鍼治療したことないけど。
(*´∀`)アハハン♪

>これからもがんばっていきまっしょい。

ヾ(´▽`*)ゝあーい♪

読んでくだすってる方も一緒でス。
ガン( ゚д゚)ガリましょう。
うおー。
2006/10/18(水) 13:43 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>左巻き大嫌いです
>左巻きな連中ばかりの意見が
>まかり通ってる感じがして、
>こういう良いこと、大事なことは
>全くと言っていいほど
>表に出てこないんですよね。
>実に悔しいです(T皿T)

んだんだ。
左巻きはキライでス。
かっぱ巻きはスキでスけどネ。
(*´∀`)アハハン♪
日本のいいとこ、日本人はもっと知るべきでス。
ぢゃないとでスねー。
ひねガキみたいになっちゃうでス。
うがっ。

>私も何の気ナシにブログを始めた矢先に
>特亜の反日行動を見て、「なんで?」と
>思いながら調べてたら、いつのまにか
>あのようなブログに(^^;)

あはー。
整体師さん。
最初の頃は他のネタ多かったでスよねえ。
( ̄ー ̄)ニヤリ
読み通しまスたよ。
あたしゃ。


>>だから俺たちゃ頑張らなけりゃならない
>これ、今の私たちもしっかりとドタマに
>叩き込まんといかんです(`・ω・´)
>特亜が崩壊、日本が真の独立国になるまで
>頑張りましょう(`・ω・´)ノ ウシャ!!

( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`) ヽ(`Д´)ノマゼテクレヨ

ナカーマでス。
がんがりましょう。
<(_ _)>

>こういういい記事を速攻で広めるいい方法って、
>やっぱり電波ジャックしかないでしょうね(^^;)

電波ジャック!
どーせならでスね。
テレ朝とでスね。
NHK狙いましょ。
あ。
あとTBSも。

>私も写真欲しゅうございます<(_ _)>
>嫁さんが「綺麗~♪」と喜んでおりました(^^)

。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひ!

欲しいでスかあ? ←まだ逝ってる

もつろん。

差し上げまスとも。

スキャナのドライバ見つけたらネ。

_| ̄|○
2006/10/18(水) 13:49 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>独特の表現法
>かっぱやろうさんのブログは独特の表現法や絵文字がたくさん使われていて面白いです。

(*´∀`)アハハン♪

誉められちったぁ。

・:*:・(*´▽`*)うっとり・:*:・


>面白いと、ついつい影響うけちゃうのがわたしで、絵文字の多用はこのブロクからの影響で、ハチャメチャ当て字のほうはtonoさんから影響されました。
>ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

おtonoさまの当て字。

めちゃくちゃなようで。

的を射てるんでスよねえ。

おもろいでスねえ。

あちしはでスね。

考えるのがメンドイので。

もっぱらパクリでス。 ←おい

(´∀`*)ウフフ
2006/10/18(水) 13:51 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>Close your eye 瞳を閉じれば~♪
>同感です。守らにゃならんよ。戦地に赴いた兵士を!銃後として守った女性を!少年や老人を!

(*´∀`)アハハン♪

ここにもお仲間。

見っけv-238 ←見つけんの遅いナ


>後世の人間が、見下したように一方的に断罪するのは、傲慢と言うものです。
>ただ、ロシアや中国やアメリカに尻尾をふった恥さらしどもは、許しません。

んだんだ。
当時の出来事をでスね。
今の物差しで計るのはでスね。
ナンセンス、でス。

>この前、少し触れた、90近いジジイは、チョンジン(北朝鮮)に行ったそうで、その時、南方へ行った輸送船は米軍機の襲撃で沈没して全員死んだそうです。
>ウチのジジイは、徴兵に引っ掛かる前に、戦争終わりました。昭和一桁生まれだから。

にゃるほどー。
おじいさん、よかったでスねえ。
戦争に行かずにすんで。
今度お話聞きたいでスなあ。

>かっぱさんが30過ぎだから、お祖父さまは、大正10年代生まれかな?

んー?
はて。
何年生まれかは知らなんだ、でスが。
もうすぐ百歳でス。
まだまだ元気。
スゲイ。
カコイイ。
さすがでス。
2006/10/18(水) 14:01 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>なんと純粋で美しい心でしょう。

ほんと。
昔の人は心がキレイでスねえ。
あちしらもそうありたいもんでス。

>いいお話をありがとうございます。

(*´∀`)アハハン♪

誉められたぁ。

たまにゃネ。

いいこと書くでスよ。 ←たまにかよ

>やはり、当事者から聞くことは何にも勝りますね。

そーなんでス。

まだまだ聞きたいことが沢山あるでス。

そりゃもうしこたま。

>そういえば、やはり戦闘機に乗っていらした方がこんなことを書かれていました。
>夕暮れ時に宿舎に向かって歩いているときに、すれ違ったお婆さんが「本当にご苦労様です」といってくれ、一緒にいた女の子の可愛らしい笑顔を見て、「あの二人のためなら命は惜しくない。」と思われたそうです。そして同行していたお仲間に言うと「俺も同じことを思っていた。」と言われたそうです。

。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

milestaさん、あちしを泣かせる気でスかっ。

泣きまスよっ。

あたしゃ。

>その頃の若者は、日本の美しいものや弱い者を守ろうという気持ちが強かったと、書かれていました。

コレはでスね。

見習わなきゃいけません。

他者への思いやりなんて特に。

いい話をもっと広めるためにでスね。

ガン( ゚д゚)ガルでス。

うおー。
2006/10/18(水) 14:05 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。

>敬礼っ!
>TBさせていただきました。

ラヂャー。
あちしも早速・・・
って。
そういや。
おしょうさんところ。
TB出来ないみたいでスねえ。
(`Д´≡`Д´)??


>かっぱさんの義理のお祖父さまが、祖国を、また愛する人たちを護るために戦地に赴いていた旨、痛いほど伝わる記事でした(礼)。

昔の人はエライでス。
あちしもサムライになりたいでス。
うがっ。

>反面、そういった人たちの気持ちを踏みにじる「大バカ野郎」が存在することを、もっと国民に知って欲しいものです。

ホントでスよなあ。
そーゆーやつら。
ナに考えてんでスかねえ。
どついてやりたいでスよっ。

>拙僧がエントリーした愚記事で恐縮ですが、何かのお役に立てればと、TBさせていただいた次第です。
>ご了承ください。

いつでもどこでも大歓迎でス。
皆でがんがりましょう。
<(_ _)>


>よいお話、ありがとうございました(南無…)。

(*´∀`)アハハン♪

誉められたぁ。

いひひひ。

2006/10/18(水) 14:09 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
いらっさーい。

ヽ( ^∀^)ノq□ コーフィードゾー

整体師さんのとこで、よくお目にかかりまスたねえ。
酒でもどーでスかあ?
って。
ナヌ?
通学?
ぢゃあ、酒はダメでスねえ。
コーフィーで我慢してくだせい。

<(_ _)>

>この話を読んでやっぱり日本人は本当のことを知るべきだと思いました。
>純粋な気持ちで戦い、日本を守ってくれた日本軍の方々(うちのじいちゃんも含めて)を悪くいう間違った歴史はやはりおかしいと改めて思いました。

そーそー。
日本のでスね。
いいとこをでスね。
もっと皆知るべきでスよね。
あちしも含めて、でスが。
一緒に勉強しませう。

<(_ _)>

って。
学校の勉強はもうイヤ、でスが。

(*´∀`)アハハン♪

>今後も記事の更新を楽しみにしています。
>m(_ _)m

ありがとうおじゃりまス。
あちしもでスね。

ガン( ゚д゚)ガルでスよ。

代ゼミ生さんも。

ガン( ゚д゚)ガッテ!!

また来てネ。

舞ってまスv-238
2006/10/18(水) 14:13 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/254-f22f2955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
マリは通常の授業を潰して平和教育をするのが好きでした。醤油を飲んで徴兵を逃れたという話を面白、可笑しく語る人に言った事があります。「貴方の行為は否定しないけれども、戦争に行った人間を自分より愚かな人間と蔑む事だ
2006/10/17(火) 15:27:07 | ハメルーンの笛 不健康手帳
ブログ拝見させていただきました。またきます。
2006/10/18(水) 01:58:56 | ぽちっとな
反日日本人たちがよく使う言葉に、「謝罪」と「賠償」がある。その言葉の矛先は、当然、日本政府に向けられている。ということは、すなわち私たち国民に向けられているともいえる。なぜなら、政府は私たちが選挙で選んだ
2006/10/18(水) 08:49:58 | 明日へ架ける橋  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。