高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本格的にでスねー。

忙すぃので。

コメントを頂いてもでスね。

すぐに返せないかと思うのどスが。

見捨てないでネ


。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひ!


いつまで忙しいんだろなあ。

やだよなあ。

なんて逝ってても始まらないので。

逝ってみましょか。

マズわ。

小噺なんぞを。

以前にでスね。

事務所でボヘーっとしてた時に。

よく知ってるおいさんが社長室に入ってくのを見たでスよ。

おっ。

これわ(゚∀゚)イイ!ね。

んで。

なんか話してたので。

しばらく表で待ってて。

背後からびっくりさしたろか。

そんな風に思ってでスね。


(;゚Д゚)ハァハァ


言いながらでスね。

舞ってたでスよ。

ひーひひひ。

びっくりするだろなあ。

おもろいなあ。

なんちて思いながら。

んで。

あちしは出入り口のそばに隠れるとこがあったので。

そこに潜んでたでスな。


((´∀`))ケラケラ


早く出てこないかなあ。

なんちて思いながら。

待つこと数分。

おっ。

出てきたっ。


(*´∀`)アハハン♪


歩いてるその人の後ろに近づいて。

おもむろに。


首チョップ。


振り向いたその人。


部長だった。


えーと。

なんで?

なんでブチョさんがいるの?


( ゚Д゚)・・・?


部長さん曰く、


「イタイなあ、センパ~イ」


よかった・・・

うちの部長が冗談通じる人で。

とりあえずでスね。

人違いでスた。

そう言って謝っときまスた。 ←そゆ問題ぢゃない


((´∀`))ケラケラ


イタズラには危険がつきもんでス。

皆さんもでスね。


心してかかってくだサイ。


。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひ!


そゆ話でスた。

んでわ。







クリックしてもらえるとでスね。


 

ランキングがあがるでスよ。








ちうことで。

本題逝くでスよ。

記事でもどーじょ。

YOMIURI ONLINEから引用でし。



ここから引用~~~

安倍首相「任期中に、憲法改正を目指す」

 安倍首相は31日、首相官邸で米CNNテレビと英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューに個別に応じた。内閣広報室によると、首相はインタビューで、憲法改正について「自民党総裁任期は3年で2期までしか務められない。自分の任期中に憲法改正を目指したい」と述べ、今後6年間に自らの手で憲法改正の実現を目指す考えを示した。

 また、「時代にそぐわない条文として典型的なものは9条だ。日本を守る観点や、国際貢献を行う上で改正すべきだ」と述べ、9条改正の必要性を指摘した。

 安倍首相は就任後、憲法改正について所信表明演説で「与野党で議論が深められ、方向性が出てくることを願う」と述べるなど、踏み込んだ発言を控えていた。

 また、首相は、任期中の靖国神社参拝について「行くか行かないかを宣言することにより政治、外交問題化する以上、申し上げるべきではない」と明言を避けた。また、「歴代の多くの首相が参拝したのは、自由、民主主義、人権を守り、世界平和に尽くすためだ。(参拝した首相に)軍国主義者は1人もいない」と語った。

 日本の核保有については、「日本は唯一、核爆弾を落とされた国だ。世界から核を廃絶するため先頭に立つ使命感を持っている。政策的な選択肢として核武装を放棄した」と明確に否定した。

 首相の海外メディアのインタビューは初めて。

(2006年11月1日1時2分 読売新聞)


~~~ここまで引用





晋ちゃん。

イイコトおっさるでスなあ。


(゚∀゚)ラヴィ!!


9条はでスね。

日教組と同じくらい。


イラン。


何度も書きまスたが。

くどいと言われよーが。

何度でも書いてやるでス。


(*´∀`)アハハン♪


別に戦争したいわけじゃござんせん。

んーでもネ。

「戦争しない」って言うのって。

抑止力にもなんも。


なりゃしないでしょが。


戦争しませーん。

なんちて言ってるだけで世界が平和になるなら。


世話ないわ。


武力を持たないってのは。

攻めて来る側にしてみりゃ。


やりたい放題ってことだろよ。


かば。

専守防衛は変えないでスけどネ。

色んな手段をわざわざ排除するような真似は。

やめてもらいたいでスなあ。

んで。

靖国。

どこのヴァカも。

靖国、靖国ってまあ。

靖国にはでスねー。

日本を守る為に亡くなった方達がいらっさるんだから。


なんで外国に遠慮せんじゃいかんだ?


そんな風に思うでスよ。

んで。

なんかの雑誌で読んだんでスが。

特攻隊員達は。

麻薬(?)を打たれて無理やり出撃させられた。

みたいな。

なんかね。

もうね。


ヴァカかと。


アフォかと。


思っちまうでスよ。

あのな。

彼らはナ。

ヴァカな記者が思いもよらないほどナ。


日本を守りたいと思ってただよ。


それを否定するんならナ。


日本から出てけや。


ヴァカはキライなんだよっ。


( ゚д゚)、ペッ


あちしもリンクさせて頂いてるでスが。


神風KAMIKAZEさんのとこを見るとでスね。


あたしゃ号泣だわさ。


こんなに真剣に日本のことを考えてる人達が。

ほんの60年前にはいたでスよ。

あちしみたいな腑抜けにゃわからないほどネ。

スゲイ方達がいたでス。

そーゆー方達を。

サヨサヨのプロパガンダに利用するのは。


虫唾が走るわ。


( ゚д゚)、ペッ ( ゚д゚)、ペッ


ちなみに。

特攻隊をこんな風に見てる外人さんがいらっさるようで。

国際派日本人の情報ファイル
No.1204 ■ H18.10.27
↑から引用させてもらうでス。



ここから引用~~~

  フランスで文化大臣を歴任しましたアンドレ・マルロー。彼は、「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、その代わり、何物にも変えがたいものを得た。それは世界のどんな国も真似できない特別攻撃隊である。スターリン主義者たちにせよ、ナチ党員にせよ、結局は権力を手に入れるための行動である。日本の特別攻撃隊員たちはファナティックだっただろうか。断じて違う。彼らには権勢慾、名誉慾などかけらもなかった」。

~~~ここまで引用




同じ日本人で。

特攻隊の方々を。

こういう風に見られないのって。


不憫だわね。


アタマくるの通り越して。

かわいそうですらありまスなあ。

ちうことで。

ヴァカなサヨサヨはだな。

9条を改正すると戦争になる。

なんちう風にヴァカなこと言う前に。

先人達の言葉に耳を傾けてみたらどないじゃろか。

そう思まスたでス。

おそまつさま。

 
クリックでネ。
応援してくだされ。









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>「行くか行かないかを宣言することにより政治、外交問題化する以上、申し上げるべきではない」
・国内にも馬鹿サヨがいるから、私は春の例大祭に陛下の御親拝、せめて勅使として皇太子殿下をお迎えできれば、(勿論首相以下閣僚はお伴すべきでしょう)メモもヘッタクレも吹っ飛ぶと思うのですが。。是非!

>「日本は唯一、核爆弾を落とされた国だ。世界から核を廃絶するため先頭に立つ使命感を持っている。政策的な選択肢として核武装を放棄した」と明確に否定した。
・「政策的な選択肢」なら変更される可能性があると言うことだな。
2006/11/02(木) 12:00 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
「平和」「九条」の念仏を唱えていれば、戦争にならない、攻撃されないと本当に思っているとしたら、はっきり言って馬鹿か、売国奴だけだ。
現に朝鮮半島の国もどきたちは、ことあるごとに我国を火の海にするの、宣戦布告しなくてはならぬなど、妄想と聞き流せない言動をし、わが国を敵対ししている。
日本が平和を求めても相手が敵対的準備と恫喝をするのであれば、自らの運命は自ら守る、ごくごく自然な思いだ。
安倍首相も核武装を放棄したとは言っているが、あくまでも政策的にだ、情勢が変化すれば政策的に核武装は容認されてもよいのだ。
言葉尻を取って安倍氏が核武装を放棄したと短絡に受け取るほうがおかしいだろう。
まぁ 海外メディアだし、いいんじゃあるまいか。
2006/11/02(木) 13:09 | URL | ばんばん #-[ 編集]
>歩いてるその人の後ろに近づいて。
おもむろに。
首チョップ

かっぱさぬが、どんどん「かりあげくん」に見えてきました。
イタイデスネェ、アッ、ブッチョサンジャナイデスカ!(かりあげくん~フィリピーナmix)

>、「時代にそぐわない条文として典型的なものは9条だ。日本を守る観点や、国際貢献を行う上で改正すべきだ」と述べ、9条改正の必要性を指摘した。

うむうむ。その通り!(←博多華丸)

>、「歴代の多くの首相が参拝したのは、自由、民主主義、人権を守り、世界平和に尽くすためだ。(参拝した首相に)軍国主義者は1人もいない」と語った。

よく、言った。
逆に、靖国参拝に反対する人に、言論を封殺しない人は、一人もいなかった。

A級戦犯を分祀しろ⇒B・C級戦犯を分祀しろ⇒一般の英霊を分祀しろ⇒靖国神社をとりこわせ。
首相は参拝するな⇒首相と閣僚は参拝するな⇒国会議員は参拝するな⇒公務員は参拝するな⇒国民は参拝するな⇒靖国神社を取り壊せ


>あのな。
彼らはナ。
ヴァカな記者が思いもよらないほどナ。
日本を守りたいと思ってただよ。
それを否定するんならナ。
日本から出てけや。
ヴァカはキライなんだよっ。

そうだそうだ。このような高潔な気持ちがわかるか。

以下は、翼からの抜粋です。

近所に住む靖国の妻


-今年の8月15日が過ぎた最初の日曜日、近所に住む一人暮らしのおばあさんのお話を伺う機会がありました。彼女はもう80歳で、今もとてもお元気で陽気な方です。
一人息子は結婚後仕事の関係で地方に住んでいるのだそうです。私が路上でばったりお会いして15日の靖国参拝のことをお話すると、「あら、私も毎年必ず行っていますよ。もし、よろしかったら昔の写真見せてあげるから家へおいでなさい。」と呼んでくれました。お宅へ伺って見せていただいた写真の中の一枚、それは出征し英霊となられたご主人と彼女の姿。凛として立つご主人の傍らに若妻が優しく包むように座っています。
「もう、あれから60年近く経ったのねえ。」
「でも、今でも会えるんですよ。」
彼女の言葉に、私が思わず「え?」と声をあげると、「今でも夢で時々は。。」と付け加えました。
ご主人は出征の折、「これこそ男子の本懐。でも僕は米英をやっつけたら、かならず君のところへ戻ってくるから」と言い残され、大戦末期に戦死の知らせが届いたそうです。
泣きそうな顔をしている私に、彼女は「でも、あの人が『かならず戻ってくる』と言ってくれたんだから、私はやっぱりずっと待っていようと思ってね。」と再婚しなかった気持ちを打ち明けてくれました。一人息子さんには「お父さんはお国のために立派に働いて神社に祀られているのよ」と話して聞かせたそうですが、彼女自身は愛を誓い合った夫の帰りを今に至るまでずっと待ちつづけたのです。
戦後、未亡人となった彼女が再婚もせず、どのような艱難辛苦を経て子供を一人前に育てたのか。。彼女もあまり話したがりませんでしたし、私も聞きませんでした。
帰り際に彼女は私に向かって
「今の方にはとてもわからないでしょう。ごめんなさいね。」
とすまなそうにおっしゃるので、私は「わかります。わからなくてはいけないと思います。」と答えました。
ジェンダーフリー、リプロ、シングルマザー。。。フェミナチが跋扈する今の日本の状況をここで大上段に話題にすることはしません。しかし、ただ、半世紀以上が経って今の私達が失ったものはあまりにも大きいと感じます。

正論読者

さて、靖国訴訟という反日左翼の傾国策動をご存知でしょうか。
勝ち負け以前に、外国の力まで借りて靖国神社を被告として聖職者を被告席に立たせるという「嫌がらせ」そのものの裁判であります。

外国へ行き、その国の国旗国歌、その国の為に戦死した人々、国の聖地を冒涜すればどうなるかは皆様ご存知のはずであります。
しかしながら、例外がこの平和ボケの日本なのですね。

そこに被告とされてしまった靖国神社を応援するために「靖国の妻」として陳述をされた方が女性部会の会合にいらっしゃいました。


「靖国神社を汚すくらいなら私自身を切り刻み100万回殺して下さい」


陳述における、この言葉は五月蝿い左翼を黙らせる迫力であったそうです。

ほんの2年に満たない新婚生活、しかし旦那様は大東亜戦争において散華され、戦後まさに「社会に出て」働いて子供を育て上げられたのです。決してフェミのように「輝きたい」からでも「エンパワーメント」でも「自分さがし」でもありません。
子供たちの為に働き、旦那様との想い出を胸に生きてこられた方なのです。
このような話をすれば、すぐにサヨク脳の人は言うんですよ、「同情します」「おかわいそうに」「なんて痛々しい」・・・・と。
そうですよねぇ、小泉さん。

「夫に愛された私は幸せでした」

・・・と、目を輝かせて仰った、靖国の妻の愛。
小泉さん、解りますか。

少しの遠距離恋愛で音を上げる時代、しかし僅かな時間の想い出を胸に、英霊となられた旦那様の魂と共に年老いるまで過ごされ、そして幸せだと心から言える強さ・・・心の強さのみならず「愛の強さ」と言うべきでしょうか。旦那様の優しさ、愛の力たるや想像を絶します。
優しい旦那様は、愛する人を守るため国難に際して、軍隊という「鉄の規律」に身を投じられたのです。
それは、左翼の教科書が隠しつづけた「女性の視点」から見る歴史なのです。


さらに靖国神社に奉納された女性の人形の話をしてくださいました。
まだ少年のまま、女も知らず愛される事も知らず散ってゆかれた人々にせめて、人形の妻を との思いだとか。

特攻隊も玉砕もない今の時代はあらゆる人々に可能性の差こそありますが、人としての愛を得るチャンスは沢山あるのです。
にもかかわらず、対立すべきことでもないのに対立したり、権利に置き換えて破綻したり、出会いと別れを繰り返してしまう私たちって何なのでしょうね。恵まれれば恵まれるほどに、迷ってしまい疑い深くなってしまう。
せめて!せめて!と、叫びにも似た祈りで「神の世界」に届けられる人形の妻は何かを訴えているようにも思います。


愛を、粗末にしていませんか・・・。
気付いてください、愛を知ることは 国の歴史を知ることなのです。
「愛の国、日本」というホームページ冒頭の言葉は、その想いを込めました。フェミニズムを捨てて、自由になろうと。
戦後教育・社会の洗脳を解かないで「自分さがし」の為に、市のフェミ講演会に逃げても、イデオロギーを刷り込まれるだけで何も解決しません。

「ラブ&BODY ブック」とやらの、腐れ唯物論の性器教育本を若者に蒔き、フェミニズムを教え、セックスを軽薄化し、今はこれだけ乱れているんだからと開き直り、大人にはパンフレットや講演会で「我慢しなくていいんだよ」と離婚をそそのかす「体制」の罪深さ。

「合言葉はリ・プ・ロ(ラブ&BODYブックより引用)」だと?、恥を知りなさい、恥を!

この人たちの「フェミニズム」や「リ・プ・ロ」で、愛のある人生が送れるはずがないんです。「対等な関係」などという言葉は、極めてウソ臭いですね。

小泉さん、貴方は特攻記念館で涙を流されていましたね。
しかしながら英霊はその肉体は無くなれど、魂は死んでいないのです。
国を想う人々の中に、生きておられる!靖国神社に行けば逢える!そう信じる心が 国の物語なのではないですか。
心優しき戦士は 私たちがどのような未来を創るか、見守って下さっているのです。

国立「慰霊施設」という「謝罪と反省のモニュメント」なんて要りません。
軍国主義の犠牲者 という同情からは、何も生まれないのです。
「靖国に参拝をやめさせ、国立慰霊施設に三権の長の参拝義務を科すべき」「靖国が滅びても国は感知しない」というおぞましい言葉が設立懇で出たそうですね。

小泉さん、特攻記念館でのあの涙が「同情」の涙なのであれば、貴方のその傲慢な心を疑います。


(神風の子)

http://tubasa.coh.jp/
    ↑
 ここからの引用です。

・・・・・・・。(感動)
何も言葉はいりません。これでも、靖国反対をいい続けますか?
2006/11/02(木) 13:41 | URL | NS大川 #-[ 編集]
核ミサイルを一発もらって 何十万人が死んでからでは遅いですからね。
死にたいなら勝手に死んでいいから人を巻き込まないでほしいです。


あと特攻隊を汚すような発言をしてる奴も正直消えればいいと思います。
その方々が命を懸けてまで守ろうとした国で平和しか知らずに暮らしてるくせに何言ってるんでしょうね。
軽蔑するにも値しないような連中です。

整体師さんのところで思い出したんですがほんと誰かに「北斗の拳」の「汚物は消毒だ~!!!」をやってほしいです。


それではかっぱさん、体に気をつけてお仕事頑張ってください。
シャレにならないイタズラはほどほどにしてください(笑)
2006/11/02(木) 15:19 | URL | 代ゼミ生 #-[ 編集]
ドラマ等のシュチエーションでは「隠れて脅かしてやろうとしていた時に出生の秘密を聞いてしまう!」と言うパターンですね?
 向こうから歩いて来た「友達」が「よお!」と手を上げたからこっちも返したら自分でなく後ろを歩いていた人に声をかけていたという「経験」がありませんか?

 私は以来、周囲を良く確かめて誰もいない事を確認した上で手を上げる事にしています!
 「お前なんかに用はねえよ!」と言われない為に!

 代ゼミさんの話を聞いて思いついた句

 童貞の ままに散華の 伯父の墓
 乙女が死せば 苔むしたるか

 母と伯父は歳が離れていたのかな?
 それと私は亡くなった姉の代わりに生まれたのでかなりの高齢出産だったそうです!
 それはさておき今、墓を守っているのは、私ですが私には夫も子もいないので、我が代で墓守も途絶えるでしょう!
 もっとも子供がいた所でそれを押し付けるのも酷な気がしますが・・・
 知覧の特攻記念館に行かせるのが何故軍事教育なのですか?

 左翼の人達は自分には到底理解不可能な話にぶつかると自分でも分かる卑近な理由をつけたがりませんか?
 「麻薬をやっていた!」「モノを考えない!」
 皆そうではないでしょうか?
2006/11/02(木) 17:42 | URL | 鵺娘 #/9u.keZw[ 編集]
かっぱやろうさんは、忙しいと言いながら、日々の冗談も織り交ぜて書くからながーくなっちゃうんですよ。
それはそれで面白いんですけど、自分にはとてもまねできませんよ。だから、ブログの1回1回を短く切り上げます。そのために、「宇宙戦艦ヤマトのあらさがし」も「世界の識別マークのあれこれ」もまだ完結していませんが。
本題に入って、何ですかねぇ、特攻隊員は麻薬を打たれて出撃したってのは。らりった状態で出撃だなんて、却って危ないんじゃないの。名誉侮辱な発言ですよ!(# ゚д゚)
2006/11/02(木) 18:53 | URL | DUCE #-[ 編集]
よそから日本のことをグダグダ
言われる筋合いはありません。 ←こればっか
まずは、他国から攻め込まれた時に、
自衛隊の方々が円滑に武力行使出来るように
法制定をすべきです。

日本のために闘って亡くなった方のどこが犬死になのかと。
特攻隊を犬死に、無駄死に、挙げ句の果てには
洗脳などとぬかす左巻き連中は、
ミサイルにくくりつけてシナにでも送りつけてやりましょう。

安倍ちゃんガン(゜Д゜)ガレ!!
2006/11/02(木) 20:24 | URL | 勉強中の整体師 #-[ 編集]
国民が憲法改正という問題をとおして、いろいろと考え、目覚めることがあると思います。60年前の敗戦時の思考のまま停滞している人は、目覚めないし、分からないでしょうね。でもあの戦争を普通に捉えている世代はきっといい憲法のありかたを模索できると思います。
2006/11/02(木) 23:03 | URL | SAKAKI #-[ 編集]
お晩でやんす♪
今日は、部下の結婚式で、関東に戻ってきとります(現在は、福岡勤務♪)。
ちうか、本日中に、福岡に帰る予定が…
結婚式に参列した、別の部下が、酔い潰れて、介抱してたら…
最終便逃しましたヽ(゚∀。)ノウェ。
で、朝一の飛行機で帰れるように都内のホテルをとり、外で飲んでたら…、いたですよ…
韓国人のお姉ちゃんが(゜▽゜)
で、成り行きで夜の国際交流Ψ(`∀´)Ψ
大変美味しくいただきました(岸朝子風♪)。
しかしですなぁ~…。
9条にしろ非核三原則。こりは、もともと本来は「二度と戦争に負けたり、核の被害にあうような事はないように」と言う目的で、自らが、戦争をせず、核を持たないことで、世界平和を導き、築き、目的を達成しようと言う理念な訳ですなぁ~。
で、戦後60年たって、そ~ゆ~偉大な理想論は、民度の低いならず者がお隣りにいると、無理と痛いほど分かった訳ですよ。
さて、「二度と戦争に負けたり、核の被害にあうような事はないように」と新たな議論したら、何故か、「戦争をせず、核を持たないこと」が目的とサヨサヨが大騒ぎ。
おまいら阿呆か~(-_-メ)。
元々、日本は、武の国。
自ら、大きな力を持つことで、相手が戦うことを考えたところで、到底敵わないと解らせる。
つまり、戦わずして、勝つことにより、そこに争いは起こらないということこそ武の本質。
9条改正、核保有の議論、大いに結構!
と、おいらは思いますです(゜▽゜)
2006/11/02(木) 23:35 | URL | 蛮 #h/K5679w[ 編集]
お互いさまですね。まぁ、ぽっちらやろうではないですか。

ところで、神風特別攻撃隊のことについて、拙僧が以前読んだ本に、こういうフザけたことが書いてありました。
多少、長い引用になりますが、ご容赦くだされ。

(以下引用)
私は飛行機好き。このため、戦後、アメリカなどひとり旅していて、航空博物館があると知ると、足をのばして立ち寄った。そして、いつ、どの地であったか思い出せぬが、カリフォルニアの田舎町に在るその一つで、ショックを受けた。
巨大な格納庫のような建物の中に、各国の飛行機にまじって、「飛燕」や「零戦」など日本の軍用機を展示した一角があり、そこで私ははじめて「桜花」の実物を見た。いや、仰いだ。
尾びれのようなもののついた大きな砲弾そのものといったそれは、天井から吊るされ、輝いていたが、ただ美しいというより、その中に封じこめられ死んで行った青年たちのことを思うまでもなく神々しくて、私は仰いでいて、うなだれ、見つめては手を合わせ、しばらくは金縛りに遭ったように、その場から動けなかった。
その金縛りを解いたのが、「桜花」の背後の壁面に書かれた大きな文字である。BAKA BOMBとある。
どういう意味かと思った次の瞬間、怒りが爆発した。
「バカ爆弾」とは何だ。たとえ「桜花(オーカ)」との語呂を合わせたとしても、「バカ」とはひどすぎる。憤りで体が震えそうであった。
私はその建物を飛び出した。
(引用終わり)

>私はその建物を飛び出した。

拙僧なら、間違いなく暴れます。

長文、失礼しました(礼)。
2006/11/04(土) 22:59 | URL | おしょう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>・国内にも馬鹿サヨがいるから、私は春の例大祭に陛下の御親拝、せめて勅使として皇太子殿下をお迎えできれば、(勿論首相以下閣僚はお伴すべきでしょう)メモもヘッタクレも吹っ飛ぶと思うのですが。。是非!

(゚∀゚)イイ!
でスねえ。
ぜひ御親拝して頂きたいでス。
あしちもでスね。
妖怪でスが。
参拝するでスよ。
(ΦωΦ)フフフ…
2006/11/05(日) 23:18 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>「平和」「九条」の念仏を唱えていれば、戦争にならない、攻撃されないと本当に思っているとしたら、はっきり言って馬鹿か、売国奴だけだ。
>現に朝鮮半島の国もどきたちは、ことあるごとに我国を火の海にするの、宣戦布告しなくてはならぬなど、妄想と聞き流せない言動をし、わが国を敵対ししている。
>日本が平和を求めても相手が敵対的準備と恫喝をするのであれば、自らの運命は自ら守る、ごくごく自然な思いだ。

んだんだ。
ボーっとしてて平和が維持できりゃ。
世話ねーだ。
( ゚д゚)、ペッ

>安倍首相も核武装を放棄したとは言っているが、あくまでも政策的にだ、情勢が変化すれば政策的に核武装は容認されてもよいのだ。
>言葉尻を取って安倍氏が核武装を放棄したと短絡に受け取るほうがおかしいだろう。
>まぁ 海外メディアだし、いいんじゃあるまいか。

そでスねえ。
小沢さんあたりがまた騒いだら。
アタマくんでしょけどネ。
(´∀`*)ウフフ

2006/11/05(日) 23:20 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>かっぱさぬが、どんどん「かりあげくん」に見えてきました。
>イタイデスネェ、アッ、ブッチョサンジャナイデスカ!(かりあげくん~フィリピーナmix)

。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひ!

ダレかあちしをメインにマンガでも。
書いてくれないだろか。
(*´∀`)アハハン♪

>よく、言った。
>逆に、靖国参拝に反対する人に、言論を封殺しない人は、一人もいなかった。
>A級戦犯を分祀しろ⇒B・C級戦犯を分祀しろ⇒一般の英霊を分祀しろ⇒靖国神社をとりこわせ。
>首相は参拝するな⇒首相と閣僚は参拝するな⇒国会議員は参拝するな⇒公務員は参拝するな⇒国民は参拝するな⇒靖国神社を取り壊せ

絶対なりまスね。 ←きっぱり
それがわかってるのに。
彼らに迎合する連中ってのは。
何もんなんでしょねえ・・・

>そうだそうだ。このような高潔な気持ちがわかるか。
>以下は、翼からの抜粋です。

読ませて頂きまスた。
あちし。
号泣。
ヽ(゚∀。)ノウェ
こゆ話聞いてでスね。
何も感じない日本人は。
キライだ。
( ゚д゚)、ペッ

>・・・・・・・。(感動)
>何も言葉はいりません。これでも、靖国反対をいい続けますか?

んだんだ。
靖国を汚す連中は・・・
日本からいなくなれってんだ。
( ゚д゚)、ペッ
リンク先、勉強させて頂きまスた。
<(_ _)>
2006/11/05(日) 23:26 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>核ミサイルを一発もらって 何十万人が死んでからでは遅いですからね。
>死にたいなら勝手に死んでいいから人を巻き込まないでほしいです。

ホントでスがな。
迷惑千万でスなあ。

>あと特攻隊を汚すような発言をしてる奴も正直消えればいいと思います。
>その方々が命を懸けてまで守ろうとした国で平和しか知らずに暮らしてるくせに何言ってるんでしょうね。
>軽蔑するにも値しないような連中です。

おおっ。
全くもってそのとーりでス。
じいさま達の頑張りをないがしろにするやつは。
し・け・い。
( ゚д゚)、ペッ

>それではかっぱさん、体に気をつけてお仕事頑張ってください。
>シャレにならないイタズラはほどほどにしてください(笑)

ヾ(´▽`*)ゝあーい♪
ホドホドにしときまース。
うふ。
2006/11/05(日) 23:33 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>伯父は特攻ではありませんが
>ドラマ等のシュチエーションでは「隠れて脅かしてやろうとしていた時に出生の秘密を聞いてしまう!」と言うパターンですね?

((´∀`))ケラケラ

そんな感じでスなあ。
あちしのイタズラ。
自爆しまスたが。
_| ̄|○

>母と伯父は歳が離れていたのかな?
>それと私は亡くなった姉の代わりに生まれたのでかなりの高齢出産だったそうです!
>それはさておき今、墓を守っているのは、私ですが私には夫も子もいないので、我が代で墓守も途絶えるでしょう!
>もっとも子供がいた所でそれを押し付けるのも酷な気がしますが・・・

あちしもナア。
早く墓を買わんぢゃいかんのにぃ。
市営墓地の抽選があたらない・・・
(# ゚Д゚) <ナンデダ?

>知覧の特攻記念館に行かせるのが何故軍事教育なのですか?
>左翼の人達は自分には到底理解不可能な話にぶつかると自分でも分かる卑近な理由をつけたがりませんか?
>「麻薬をやっていた!」「モノを考えない!」
>皆そうではないでしょうか?

あー。
サヨサヨ=人権屋。
人権屋=ヴァカ者。
これでスよ。
コレ。 ←勝手に決めるな
。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひ!
2006/11/05(日) 23:36 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>ながいよー
>かっぱやろうさんは、忙しいと言いながら、日々の冗談も織り交ぜて書くからながーくなっちゃうんですよ。

でスかねえ。
ほどほどにしとこうかなあと。
思うにわ思うんでスけどねv-238

>本題に入って、何ですかねぇ、特攻隊員は麻薬を打たれて出撃したってのは。らりった状態で出撃だなんて、却って危ないんじゃないの。名誉侮辱な発言ですよ!(# ゚д゚)

そーでス。
侮辱でス。
そんなこと逝ってるヴァか者。
国外追放。
決定。
( ゚д゚)、ペッ
2006/11/05(日) 23:37 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>日本のために闘って亡くなった方のどこが犬死になのかと。
>特攻隊を犬死に、無駄死に、挙げ句の果てには
>洗脳などとぬかす左巻き連中は、
>ミサイルにくくりつけてシナにでも送りつけてやりましょう。

んだんだ。
素直に感謝でけないヤツってのは。
悲しいでスねえ。
ちうか・・・
ヴァカでスねえ。
そゆヤツは・・・
し・け・いv-238 ←こればっかりだ
2006/11/05(日) 23:39 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>こんばんは
>国民が憲法改正という問題をとおして、いろいろと考え、目覚めることがあると思います。60年前の敗戦時の思考のまま停滞している人は、目覚めないし、分からないでしょうね。でもあの戦争を普通に捉えている世代はきっといい憲法のありかたを模索できると思います。

アレでスかねえ。
60年前の当時のままにしときたい連中って。
一体黒幕はドッチ方面なんでしょねえ・・・
最近とみに考えちゃいまスよー。
SAKAKI教授、職場移って忙しそうでスが。
ガン( ゚д゚)ガレ!!
2006/11/05(日) 23:43 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>大変美味しくいただきました(岸朝子風♪)。

(*/∀\*)イヤン

>さて、「二度と戦争に負けたり、核の被害にあうような事はないように」と新たな議論したら、何故か、「戦争をせず、核を持たないこと」が目的とサヨサヨが大騒ぎ。
>おまいら阿呆か~(-_-メ)。

ホント。
アフォでスねえ。
意味わからんでスよ。
( ゚д゚)、ペッ

>元々、日本は、武の国。
>自ら、大きな力を持つことで、相手が戦うことを考えたところで、到底敵わないと解らせる。
>つまり、戦わずして、勝つことにより、そこに争いは起こらないということこそ武の本質。
>9条改正、核保有の議論、大いに結構!
>と、おいらは思いますです(゜▽゜)

あちしも思いまスでス。
零戦もアレでスよね。
攻撃は最大の防御っていう、サムライの精神を受け継いでたんだし。
あちしもサムライになりたいでス。
(´∀`*)ウフフ
2006/11/05(日) 23:52 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
ごきげんよーい。
返信短くてすまんス。

>忙しいのは
>お互いさまですね。まぁ、ぽっちらやろうではないですか。

ヾ(´▽`*)ゝあーい♪

おしょうさんも忙しそうぢゃないでスかっ。
体にゃきをつけてくだせいよっ。
まだ一緒に飲んでないんだからー。
(ΦωΦ)フフフ…

>ところで、神風特別攻撃隊のことについて、拙僧が以前読んだ本に、こういうフザけたことが書いてありました。
>多少、長い引用になりますが、ご容赦くだされ。

桜花、でスかあ。
確かに。
あちらさんのコードネームは BAKA BOMB だったらしいでスね。
アタマきまスなあ。
連中には真似でけないから。
ヒガンでるのかも・・・

>拙僧なら、間違いなく暴れます。
>長文、失礼しました(礼)。

あちしもでスね。
暴れまスね。 ←間違いナイ
一緒に暴れましょう。
<(_ _)>
2006/11/06(月) 01:00 | URL | かっぱやろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/273-6cf7e64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 今日は「文化の日」だ。 さすがの連休大好き政党・議員達も「11月第一月曜日」等に変更できない「日本国憲法の公布日」である。 朝起きると高曇りの良い天気。 まずは、門扉に旗竿基台(自作)を付けて、国旗を揚げた。 集
2006/11/03(金) 16:55:28 | 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。