高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前書いたんでスが。

学校で大掃除やってる時に。

もうすぐ終わるっていうのに。

あちしが消火器ぶちまいたってやつ。

そんでもって大掃除やりなおし。

エライ時間かかってようやく終了した時のあちしの一言。


終わってよかったネ


この一言で。


(# ゚Д゚) <お前が言うな


なんちて。

たこ殴りにされたってやつ。

詳しくはこっちでもどーじょ↓

おめさんが言うな

んでまあ。


(;´∀`) <お前が言うのかよ


ってなことが話題に上ってまスので。

あちしも書くでス。

でも、クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。


ちうことで。

社民党の議員阿部知子HP

2007/1/19 カエルニュース第253号

↑から引用でし。



ここから引用~~~

 2007/1/19 カエルニュース第253号

★☆ 国民保護は地方自治から ☆★
  
 毎年、藤沢市・寒川町の消防出初め式に呼んでいただいており、今年はご挨拶もさせていただいた。
 もともと小児科医であった私には救急車と救急隊員の皆さんとはかつて一緒に仕事をした間柄である。とりわけまだ若かった30歳代前半は毎日のように患者さんの検査や転院に付き添って救急車に乗っていた。また夜間当直では、次々と搬入されてくる患者さんに付き添う救急隊員からあれこれ情報を得ることが多かった。救急隊員は皆誠実で、どんな時にも一生懸命に患者さんのためにやってくれている。その姿は頼もしくもあり、国民の生命を守ってくれていることを実感してきた。
 「消防」という仕事は、赤い消防車に象徴される「防火」の分野と、火災以外のあらゆる災害からも国民を守る防災、そして白い救急車に象徴される「救急救命」の分野と多岐にわたる。1947年に制定された消防組織法にうたわれる如く、国民の生命・身体・財産を守る役割を担うのが「消防」であり、その責任は各市町村の首長にある。もちろん県や国もそれぞれにその市町村の仕事を支援する立場にあるが、決して指揮・命令系統ではなく、治安などの警察権限とも独立している。
 文字通り、国民の生命・身体・財産を守ることが地方自治に委ねられていることの意味は大変大きく深いと思う。そのための人材は、消防職員以外に各地区の有志の消防団員や防災ボランティアがこれを担うことからもわかるように、根っからの住民参加の組織である。
 安倍晋三政権になってから「国を愛する」・国防の強化などの言葉が氾濫し、あたかも外敵から国民を守るために国家の力=軍隊が必要であるかのように宣伝されるが、実は「軍隊は国民を守らない」という事実は戦争を通して如実に示されてきた。軍隊はもちろんのこと警察も、戦闘のためあるいは犯罪に対しての対処を第一とするため、国民保護は二の次、三の次となる。
 阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である。

 こうした経緯もあってか最近は「自衛隊による国民保護」が強調されている。しかし、安倍首相の下で海外派遣を本来任務とするような防衛庁の省昇格が行われ、「軍事組織化」が進む中では、本当の意味での国民保護からますます縁遠くなるのではないか。
 それ故、住民・国民を守るためには、

第1は、まず国の役割としての平和外交、すなわちこれからも平和国家として歩むことを世界に意思として示すこと(戦争を引き起こさない)―憲法9条堅持

第2に、環境破壊の進む今日、津波や地震などの予期せぬ大災害に対しても自治体主導のしっかりした防災の取り組み(その足らざる部分を県や国が支援)とネットワーク体制の確立。

第3に、人間関係が疎遠となる中で、地域での共生力を取り戻すことにつきると思う。

 次々と目の前を通り過ぎていく真っ赤な消防車、そして最新の救命装置を備えた白塗りの救急車の登 も達とともに待ち受けながら、今年一年の市民の息災と安心・安全をしっかり守る消防隊の活動に心からの期待を寄せたい。
                                                 阿部知子

~~~ここまで引用





まズ言いたいのがでスね。



お前ヴァカだろw



ってゆー。

いきなり結論から書いてなんなんでスが。

ホントそう思いまスね。

んで。


切捨御免!トノゴジラの放言・暴言さんの。

『私は、社民党「阿部知子」議員を、許さない。』

とゆー記事とか。

若手(?)整体師の独り言さんの。

『どの口がそれを言う』

とゆー記事とか。

ぱっとんな日々さんの。

『社民党・阿部氏、阪神大震災時の自衛隊活動批判!』

とゆー記事とか。

やっぱり感じることは一緒なんだナア、ってゆー。

あちしも思いまスでスよー。



震災でナ。



一番迷惑だったのは。



当時のテメーらのボス。



村山富一ぢゃ。



このボケが。






なんでもっと早く自衛隊を動かさなかったのかって?



お前の元ボスに聞いてこいよw



キタネー顔して正義面してんぢゃねーっての。

こーゆークソみたいなのがいるから。


日本がおかしくなってんでないの?


大体ナ。

自衛隊の派遣が遅れたことについて質問された時。

テメーの元ボスはなんて逝ったって?

曰く、



「なにぶんにも初めてのことですので」



だってよ。



(#^∀^)ゲラゲラ



おめでてーナ。

初めてのことだったんで。

なんもでけませんでスた。

あっしは無能でございまス。

そう逝ってるのと同じだろがい。

ちなみに。

切捨御免!トノゴジラの放言・暴言さんのところにでスね。

詳細な時系列が載ってまスので。

ごらんなせい。


最後になりまスが。

社民党ネ。



いらないから。



マズは内省的になってみろとか。

足元を見つめろとか。

そんなこた言わない。



とっとと解体せい。



少しでもニンゲンとしての良心が残ってるならナ。

責任取んなさいよ。

自衛隊派遣が遅れたせいで、助かる人も助からなかったことを。

話はそれからぢゃ。

場違いな自衛隊批判する前にだナ。



テメーが腹を切れ。



そゆことでスた。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。













スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんとに許せませんね。

辻本清美なんかは真っ先に行きましたが何一つ援助せず自衛隊反対を喚き散らしてただけですし、逆に社民があの震災で一体何をしたのかを聞きたいくらいです。
スイス救助隊やアメリカ軍などの援助をうければ確実に死者を減らすことができましたがその選択肢をわざわざ切り捨ててましたしね。
あの時役に立ったのは自衛隊の方々と在日、右翼団体(まぁマスコミは右翼にはケチをつけて在日マンセー一色だったらしいですが…)だというのはよく聞きますけど社民党はまったく聞きませんね。

自衛隊の責任追及の前に思想のせいで他人を殺したような奴等は責任をとって死んで詫びるべきです。
2007/01/24(水) 11:59 | URL | 代ゼミ生 #-[ 編集]
 この阿部知子なる夢見人は村山富市が嫌いだったのだ。
 何時までも根に持っていつか復讐しようと思っていたのだ。
 阪神大震災から一回り経ち、あの能無しぶりを思い出させてやると思ったのだ。
 昔、セクハラされたから!

 何て、奇想天外な理由でも妄想しないと、この言動が理解できない。

 TB、打ち方始め。。。。ズドン!
 命中したようです。
2007/01/24(水) 13:23 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
過剰反応のしすぎじゃないですか?表現がどきつくて、読んできて苦しくなってしまいました。批判する時にはもっと冷静に書かないと心にも響きませんよ。
2007/01/24(水) 14:31 | URL | としちゃん #XLszGtHA[ 編集]
過剰反応ねぇ・・・・・。
俺はこれでももの足りないと思えるほどに腹立ってるけどねぇ。
いや、正直かっぱさんが冗談めかした表現を使っているのが悲しいぐらいに腹立ってるんだよ。

http://tana.pekori.to/tear/log/0329.html
http://tana.pekori.to/tear/log/0301.html
http://tana.pekori.to/tear/log/0680.html

お涙ちょうだいだとか、感傷的すぎるといわれるのは承知で上を読んでみてもらいたい。
その上でまだ過剰反応だとぬかすのなら、死者への冒涜に対する批判なんかするんじゃねえぞ!
出直してこい!馬鹿野郎!
2007/01/24(水) 15:33 | URL | TM #-[ 編集]
 石原都知事が、災害救助訓練をした時に軍事訓練だと噛み付いた人がいましたね?
「ほな災害等が、あったらどうするの?」と聞くと自分で考えなさい!
 対案がないなら座して死を待ちな!
2007/01/24(水) 17:26 | URL | 鵺娘 #/9u.keZw[ 編集]
違憲違憲いわんと、まずは目の前にある現状に役立てる事を考えろ。自衛隊がどうとか言う前に、こうした連中の方こそ、存在すべからず!
2007/01/24(水) 17:56 | URL | DUCE #-[ 編集]
件の議員のHPで謝罪記事?がでたみたいですね。まぁ、眉毛の爺さんについてなど結構いいわけめいたこと書いていましたが。当時私はまだ小学生でしたが今、調べなおしてみると知事のほうも結構な革新派(左)だったようですね。
私もこういった認識の人達に自分の安全を任せたいとは思いませんね。
2007/01/24(水) 20:43 | URL | WAHU #bF22md2U[ 編集]
お晩でやんす♪
しかし、これは、相当腹が立ってます…。
友人の姉が、被災されたのですが、それこそ地獄絵図だったそうで…。
自衛隊や軍隊アレルギーで、何人もの人間の命を蔑ろにしたことは、許されることではありません。
また、被災者の方を命懸けで救出してくれた自衛隊の方に対する侮辱も許されることではありません。
「批判する時にはもっと冷静に書かないと心にも響きませんよ。」と言う意見があったようです。確かに、その言葉自体は(意見ではなく)、正論かも知れません。
ただ、これらの上記のような事に真剣に怒ることも出来ない人間があまりにも多いように思います。
少なくとも、かっぱさんは、批判の為の批判を書いたとは思いません。許せない理由を上げ、その上で、怒り、批判をしているものと思います。
上記のコメントも、エントリに対する批判と思うのですが、結局、このテーマに対して、どう思っており、何に対して過剰と思っておられるのでしょうか?一見、正論と思われる言葉を残してますが、内容の無い意見であり、無責任な批判と思います。
う~…なんだか、場を白けさせるような事を書いて申し訳ないですm(__)m。
2007/01/24(水) 22:30 | URL | 蛮 #h/K5679w[ 編集]
時系列を見ると、眉毛の村山を、刑務所にぶち込んでやりたくなります。(メ゜皿゜)
見殺しですからね!


偽善者め!
偽善者と言われたくなかったら、それを本当に思ってんだったら、社民党を離党しろ!
それが、最低条件だ!
2007/01/25(木) 00:39 | URL | NS大川 #-[ 編集]
って言いながら、おいらも血が頭に上ります。
カエルの面に○○です、なんたってカエルニュース第253号も続けてんですからね。
お隣の斜め上はほほえましい一面がありますが、ってそんなことねーか^^;
ともかく国内に在籍する獅子身中の虫ですね、駆除したいもんです。
2007/01/25(木) 13:58 | URL | ばんばん #-[ 編集]
>過剰反応のしすぎじゃないですか?

いいえ。そうじゃないです。
あのとき震災を経験したものは
みな腸が煮えくり返ってます。

↓まとめサイト
http://wiki.nothing.sh/1070.html

↓いつも読みに行くブログ
http://blog.livedoor.jp/clausemitz/archives/50511988.html
2007/01/25(木) 17:39 | URL | おやじです #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/363-377510d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 『阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として
2007/01/24(水) 13:17:16 | 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
 『阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として
2007/01/24(水) 13:56:17 | 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
衆議院議員 阿部知子のホームページ 国民保護は地方自治から 2007/1/19 カエルニュース第253号(前略) 阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。
2007/01/25(木) 02:15:28 | ぱっとんな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。