高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




(#゚д゚)ドカーン!!


今更言うのもなんでスが。

あちしはほら吹きでス。

いやまあ。

ほら吹きちうか。

人生冗談ちうか。

よーするにまあ。

ふまじめなわけでスな。

あちしの言う事。

70%は冗談。

20%はシャレ。

8%はウソ。

残り1%が真実。


((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


われながら。

スゲエ。

1%くらいしか。

ホントのこと逝ってないなんてナア。

とか言いつつでスね。

ここではでスね。

ホントのこと書いてまふ

ちうことで。

クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。


で。

おおっ。

なーんちて思った記事。

コメントで教えて頂いたので。

どんじょー。

デイリースポーツから引用でし。


ここから引用~~~

窪塚洋介猛反撃「井筒監督はアホ」

石原慎太郎東京都知事(74)が製作総指揮した映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(5月12日公開)のPR会見が19日、大阪市内で行われ、W主演の俳優・徳重聡(28)、窪塚洋介(27)と新城卓監督(63)が出席。特攻隊員を描いた作品で、井筒和幸監督(54)が「戦争の美化」と批判していることに対し、窪塚は「見る前に言うヤツはアホ」と猛反撃に出た!
 同時期に公開される2作で期せずして“映画戦争”がぼっ発した。窪塚は特攻を志願し、出撃する隊員の姿を熱演。自身も3年前、自宅マンション9階から転落した経験があり「簡単にはいえないけど、生きてることはありがたい」と、作品への思い入れは強い。井筒監督の批判に対し、窪塚は黙っていられなかったようだ。
 窪塚は「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホだと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ」とバッサリ。さらに「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています」と“窪塚節”もさく裂させた。
 井筒監督は新作「パッチギ!LOVE&PEACE」(5月19日公開)の中に、「俺は-」を連想させる劇中映画を登場させた上、新作のPR会見の席上などで批判を展開。「戦争の美化はアカン。若者を右へならえさせたいだけ」などとこき下ろしていた。
 同じ映画監督として、新城監督も「映画を見てからコメントしてほしい。それがお互いの礼儀でありルール。パフォーマンスとしての発言は、やがて本人に返ってくる」と井筒監督への怒りをあらわに。「沖縄出身で国歌も聞いたことなく、上京しました。右翼というのなら、どうぞ。史実をとらえありのままに描きました」と強調していた。


~~~ここまで引用




(;゚д゚)、;'.・グハッ


窪塚さん。

ものスゲーマトモなことおっさってなはる・・・

どないしはったんどスえ? ← なぜ京都弁?

関係ないでスが。

京都弁て、やわらかく聞こえていいでスなあ。

本筋と関係ないでスな。

蹴らないでくだサイ。

んで。

窪塚さん。

エライ正論なことおっさってなはる。

井筒さん。

見てもナイのに。


戦争賛美とナ。


きっとアレだナ。

総指揮が石原さんだから。


賛美な映画だと。


そう思ったんだろな。

半島べったりな井筒さんらしいでふ。


( ゚д゚)、ペッ


で。

井筒さんのお言葉。

曰く、

「戦争の美化はアカン。若者を右へならえさせたいだけ」


( ゚Д゚)ヒョエー


ぢゃあアレだ。

若者を左にならえ、させるのは。


いいんでスか?


どっちにしたってでスねー。

自分の考えを広めようってのは。


かわらんダロ。


ちうことで。

井筒さんね。

今までの言動からすると。

日本キライみたいだから。


あちしはオメーがキライだ。


しかも。

日本を守るために戦った方をでスね。


愚弄してまへんかと。


ちう風に思うわけでスな。

んーで。

このブログを書き始めた頃。

去年の1月でスか。

その頃から言ってまスけど。

当時の出来事をでスね。

今のものさしで計るのって。


ナンセンスでスって。


そゆことでス。

んで。

窪塚さん。

なかなかいいことおっさってる。

曰く、

「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています」



( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ


理想はそうでス。

おっさる通り。

けどもまあ。

今の日本ちゃ。

自虐自虐で左寄り。

日本は侵略しただの。

日本がやることは全てイカンだの。

全否定するよなことばっかり。

それだとでスな。

あちしらのじいさま達がでスな。

あまりにもかわいそうぢゃ。

日本を守るために戦争行ったのに。

今となっちゃ人殺し扱い。

じいさま、ばあさまが頑張ったから。

今の日本があるわけでスから。

んーなこと逝ってる井筒さん。

同じ日本人としては許しておかれまへん。

感情論に聞こえるかもしれまへんが。

そのとーり。


((´∀`))ケラケラ


じいさま達が日本を守ってくれたからには。

今度はあちしらがじいさま達を守る番。


とーぜんぢゃないでスか。


今無事に暮らせてるのは。

じいさま、ばあさまのおかげなんだから。

昔の話だって。

学校で教えないだけででスね。

いい話はいっぱいあるわけでスから。

あちしももっと書かなきゃナアと。

そう思ったわけでス。

ああ。

仕事も頑張らんぢゃ。


_| ̄|○


ちうことで。

仕事するわけでス。


窪塚さん。


新城さん。



( ´∀`)bグッ!



おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
井筒さんに、いかせてやってください^^;
なにを? それが解ればいいません^^;
で、井筒さんって映画監督?
ぬ?何かめぼしい作品あったの。
でも、すげーですな、作品見ずに批評できるって^^;
なぬ?最初から批判するつもりだっただけ。アッソウー
2007/04/25(水) 12:04 | URL | ばんばん #-[ 編集]
くぼっち、そんなまともなを・・・
と、とりあえずGJ!

井筒は「パッチギ」なんて嘘丸出しの暴力賛美の映画を作ってるくせにホントふざけてますね~、

ところで、映画といえば「南京の真実」(仮題)が作られるようでげす。
うれし~!私も支援金出させてもらいます。(1万は無理だけど)
http://www.nankinnoshinjitsu.com/
YouTubeで検索すれば制作記者会見も見られます。(既出だったらスマソ)
2007/04/25(水) 13:36 | URL | ポポロ #-[ 編集]
窪塚ちゃんいいね…
あの事件以来どうでもいい存在になりさがってたけど…あのマイクの持ち方…いいよ…最近レゲェでMCやってるみたいだけど…今度は機会があればきちんときいてみようっと…そっそっそ井筒井筒…生理的にいやだねぇ…総連・さ・ん・なんていうてんのはオドレだけやで!この腐れ下道があ!
ハハハハ…ちょっとお下劣でした…
それでは失礼しますm(_ _)m
2007/04/25(水) 13:48 | URL | 2PAC #-[ 編集]
窪塚っちゅう男はいいやっちゃねえ!

前から井筒っちゅうやつはなんか気に食わんかった!

誰か井筒にガツンと言ったれえと思ってたところへ

今回、男窪塚が言ってくれたわけよ!

ただ今後ちょっと気になるのは
井筒が朝鮮半島系の在日の団体を使って男窪塚を芸能会から抹殺するかもしれないという事。

一つだけ抹殺されない方法がある。

それは、石原プロダクションに移籍することだ!

急げ窪塚!今すぐ石原慎太郎に連絡を取るんだ!
2007/04/25(水) 14:42 | URL | 我理礼於 #-[ 編集]
 自分に「パッチギ」を取る自由がある様に特攻の映画を取る自由も何故認めないのでしょう?
 それこそファシズムだと思うのですが・・・
 横浜で言えばJOY茄子と◎ビルの連絡通路、Y隣堂の×階など彼らの自治区がありお互いの領分を侵さなかったのに!
2007/04/25(水) 17:02 | URL | 鵺娘 #/9u.keZw[ 編集]
クボジュカ、えらい!
世の中に戦争がいいなんて思っている人はいないと思う。
2007/04/25(水) 18:21 | URL | あがぴょん  #DDJALrL2[ 編集]
まずはここと無関係なことで腹立つことを一言! このブログを閲覧する直前に電話がかかってきました。
自分宛の場合は、見ず知らずの勧誘の電話が多いです。もし、既に過去にかかわりのあったところならば、必要なくとも、それなりに丁重に断りの口上を以って切るのですが、見ず知らずの場合、いちいちこちらから切るのも癪に障りました。何とか向こうから切らせようと、今日は罵声に徹しましたが、全くどいつもこいつも、この種の電話の連中は往生際が悪い奴らばかりで、結局、こちらから電話を切る羽目となり、再度かかってこないように、電話回線のコードを引っこ抜いてしまう有様でした。
ウゼ━━━━ヽ( `皿´ )ノ━━━━!!

さて、本題に入ります。この井筒と言う監督は、けしからんですな。
戦争賛美、戦争賛美って、そういうことはソ連に言ったほうがよいでしょうな。あっちのほうが、自国に都合の良いないように書き換えていますから。
これに対して、日独の場合、負け戦の状態で終わる内容の物が多いじゃないですか。
ドイツの「Uボート」や「スターリングラード」だって主人公は死んでいます。
日本の映画だって、実際よりもよく設定したにせよ、勝った勝ったで終わった映画は少数派じゃないですかねぇ。
それで戦争賛美になるとはとても思えませんよ。
全く、井筒和幸→夷筒苛頭逝き ってのはろくでなしだなぁ! 
( ゚д゚)=◯)`Д゚)・;' ブルァハァ!!

2007/04/25(水) 21:42 | URL | DUCE #-[ 編集]
窪塚を久々に見たと思ったらまともなこと言ってますね(笑)
見ないで批判なんて筋違いもいいとこです。
いい加減売国奴は半島に帰れ。
2007/04/25(水) 22:18 | URL | 合格! #-[ 編集]
お晩でやんす♪
いや~久々に芸能関連で清々しい話題に触れましたすよねΣd(゚∀゚d)イカス!
窪塚ちゃん「南京の真実」にも出演しないスカね~( ゚∀゚)
しかし、芸能の分野で、サハリンの影響力が減り、こ~ゆ~発言が出来るようになったのは喜ばしい限りれす♪
これで「たかじんのそこまで言って委員会」が関東でも放送されたら、この流れは、もっと大きくなっていくんすけどね~。
ちなみに先日発売された「たかじんのそこまで言って委員会」DVD(テーマは、慰安婦)は、オリコンで倖田來未を押さえて売上一位だったようです(゚∀゚)イイ!
+窪塚ちゃん出演の「狂気の桜」も観てみようかと思ったりしとります♪
2007/04/26(木) 00:16 | URL | 蛮 #IgwlWx3A[ 編集]
井筒がしゃべってるところを見て、知性も品性もひとかけらすら感じたことがありません。こんなヤツをテレビに出すこと自体、日本のマスゴミは腐っているとしか思えまへんなぁ。
そう言えば小田実も、この頃テレビに出てるか出てないか、見てないから分からんけど、ガラの悪いヤッちゃった。
(なんかほんの少し訛ってもうたような気が…)
2007/04/26(木) 02:07 | URL | のらりひょん #-[ 編集]
井筒=限界を越えた馬鹿
2007/04/26(木) 08:13 | URL | こと #-[ 編集]
糞だ。色々な映画に難癖つけては批判してるくせして自分はB級の下のげくらいの映画しか撮れん。

眠れない夜は井筒の映画を観る事を勧める。よく眠れるんでね(笑)
2007/04/29(日) 06:56 | URL | 映画オタク #-[ 編集]
 井筒でしょ!

 撮影中に俳優殺して、総連に助けてもらってるし、どう見ても総連の傀儡以外の何者でも無いでしょ!
2007/05/01(火) 15:51 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/454-f79807e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。