高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不可解な話。

逝くでス。

別段怖くはないんでスけどね。

不思議な感じがするでスよ。

どんくらい不思議か、ちうと。

塩辛とあんころ餅を一緒に食べて。


( ゚Д゚)コレワ・・・


っていうのと同じ感じ。 ← どんなんだ

もしくは。

夏の朝起きて。

窓を開けたら雪が積もってた。


( ゚Д゚)ァァァ・・・


ってゆーのと同じ感じ。 ← なんでだ

まあ。

そんくらい不思議なわけでス。

で。

クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。


どんな話かちうと。

小学生の低学年頃にでスね。

友達と山で遊んでたでスよ。

んで。

山の外れにでスね。

氏神さんの神社があって。

そこまで行こう、ってな話になったでスな。

山を通ってそこまで逝くには。

たいそうな獣道通ってでスね。

泥んこになりながら逝くわけでス。

でスが。

ちょっとした冒険でもあるわけで。

アホガキとしてはでスね。

この上もなく。


(´∀`*)タノチー


ってなもんで。

ウキウキするわけでスな。

まっすぐ逝っても片道20分。

ほぼ一本道だから迷うわけもなく。

友人とでスね。



ウキャ( ゚∀゚)キャキャ



とか言いながら走り回ってたんでスが。

ふと気付いたら。

こんなとこに道あったっけ?

ってゆーのに気付いたわけでス。

友人もでスね。


( ゚Д゚)サァ・・・


とか逝ってるんで。

そうなったら。

そっちの道に逝くより他ない。 ←なんでだ

そりゃとーぜん。

だって知らない道でスよ?

逝くしかないでしょ。

てんで。

進路変更。

そっちへ。

で。

逝ってみたらねー。

すぐに草がぼうぼうの広場みたいなとこへ出て。

なーんだ。

もう終わりか。

なんて思ったんでスが。

その広場の真中にでスね。

なんか東屋みたいのがあったんでスよ。

東屋の中にはなーんもなくて。

ただ風が吹いてるだけ。

でまあ。

友人とでスね。

ここを秘密基地にしよーと。

そーゆー話になって。 ←またかよ

しばらくそこで遊んでたんでスな。

したら。

エライ勢いで雨が降ってきて。

東屋の真中で雨宿りしてたんでスが。

雨が小ぶりになったのを見計らってでスね。

走って家に帰ったでス。

で。

後日。

またあの東屋へ逝こう。

そゆ話になってでスね。

友人と山に入ったんでスが。

こないだ見た道が。

どっこにも見つからない。

そらもう。

神社へ逝く途中の道だったんで。

間違えようがないんでスが。

どこにも見当たらないんでスよ。


( ゚Д゚)ナンデ?


なんちう風に思い。

東屋捜索隊を編成したんでスが。 ←そんな大したもんぢゃない

結局見つからズ。

今日に至るまで不思議な出来事として。

記憶してるわけでスな。

今思うとでスねー。

ひょっとしたらアレでスかね。

山の神さんとか。

氏神さんとか。

そーゆー人がでスね。 ←人か?

あちしらと遊んでくれたんかなーと。

そう思ってるでス。

実際はアレでスな。

アホな子供だったから。

道を忘れただけなんぢゃないかと。

そうも思うんでスが。

山の神さんが遊んでくれたと思うほうがでスね。


楽しいぢゃろ。


ちうことでス。

子供ん頃のナチカシー思い出でスな。

おちもなんもありゃしませんが。

思い出すとでスね。

楽しい気分になれるでス。

おそまつさま。
 
クリックで応援してくだしぇ。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 これだけでお話が出来そうですね?
 実は、その東屋にいた時に自分達を省いた人類は滅亡してしまった。
 再び降り立ったのは「別の世界」だった!
 だからいくら探しても道は見つからず・・・
2007/05/06(日) 16:26 | URL | 鵺娘 #/9u.keZw[ 編集]
ふうううん。
不思議なことはあったほうがいいとおもふ。
考えてみると昔って、今とは比較できないぐらいアブナイ遊び場、(今のオトナの感覚で)あったんですよねえ。
2007/05/06(日) 18:05 | URL | るる #-[ 編集]
あー、子供の頃ってそういうのが妙に気になりますよね。
今はもうそんなのにあまり興味を示さなくなっているということは多分僕も多少は良くも悪くも大人になったんでしょうけどなんだかちょっとさびしいですね…。
2007/05/06(日) 22:10 | URL | 合格! #-[ 編集]
お晩でやんす♪
そいや、幼稚園頃、町の外れに、庭一面に薔薇が咲いてる家があったんですが、誰も家の人を見た事なかったんですよぬ…
そして、その庭をよくよく見ると…
薔薇が、ごくごくゆっくり「呼吸」してました…
その薔薇は血のように赤かったですガクガク(((゜Д゜)))ブルブル
2007/05/06(日) 23:16 | URL | 蛮 #IgwlWx3A[ 編集]
 かっぱさぬ!

 人からかっぱになった瞬間じゃないのけ?

 全ての人間には、かっぱが付いていて、同じ世界のようで違う世界で暮らしている。
 たまたま、その道は人の世界だけにしか無かった。
 かっぱとなったかっぱさぬの住む世界にはその道は無い・・・・・・・

 さらにかっぱの世界には、A線とB線が存在し、これまた裏表で並行に進行している。
 これを「かっぱAB線」と言う!
 Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ
2007/05/10(木) 15:04 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/465-dba801fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。