高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




さんま。

食べてーな。

大根おろしつけてクレ。

ちうことで。

逝きまス。

時間ナイんで。

とっとと逝くでス。

食べもんの話。

朝鮮日報から引用でし。


ここから引用~~~

「生ごみ餃子にボルト入りワタリガニ… 食品事故の記憶長く残る」

 消費者が最もよく記憶している食品事故は昨年5月に発生した「生ごみ餃子騒ぎ」で、87.6%という最も高い認知度を記録した。

 次は2000年の「鉛、ボルト入りワタリガニなど輸入魚介類事件」で、83.1%だった。続いて、2002年の「異物の入った学校給食」(80.6%)、2002年の「粗悪唐辛子」(78.3%)、2004年の「廃ドラム缶に保管された塩辛」(68.8%)の順だった。

 このほか、1990年に発生した「工業用牛脂ラーメン騒ぎ」を記憶している人も68%に達した。1995年の食用ではない原乳を使用した「膿(うみ)牛乳事件」も51.9%が記憶していた。

 消費者は関連食品に対しては、消費を大幅に減らすなど、敏感に反応していると調査された。

 このような結果は、韓国保健社会研究院と食品医薬品安全庁が最近発刊した「食品安全管理に関する国民認知度および体感度に伴う行動類型調査報告書」で明らかになった。この調査は、食品医薬品安全庁などが全国の成人男女283人を対象に4回に渡って行った。

 消費者はまた、「生ごみ餃子騒ぎ」以降、「餃子をよく食べる」と答えた回答者が従前の56%から28.5%に減り、「工業用牛脂ラーメン騒ぎ」もラーメンを食べる回数を50.8%から25%に減らしたとしている。

 このほか、「膿牛乳事件」以降、牛乳を飲む回数が減少(26.7%、20.8%)、「鉛入りワタリガニ事件」以降、輸入魚介類の消費が減少(25.2%、19%)と答えるなど、食品事故の後、消費が減る現象が目立った。


~~~ここまで引用





(´゚艸゚)∴ゴフッ



日本でもでスね。

雪印がどーしたとか。

不二家がどーしたとか。

いろいろありまスたが。

↑のに比べるとでスね。


大したことねーなと。


そう思ったり。

思わなかったり。

日本で問題になったのって。

あくまでもでスね。

賞味期限が切れてたとか。

そーゆー話だと思うのどスが。

中華圏って。

なんで食べもん以外のもんで食べもん作ってんのかと。

そこら辺が問題なんぢゃねいでしょーか。

フツーに考えりゃでスね。

ボルト入りのカニなんて食べたら。


歯ぁ折れるで。


も一発。

工業用牛脂とか。

膿牛乳とか。



_ノフ○グッタリ



あーんど。


(´゚ω゚):;*.:;ブッッたまげ


でスな。

中華圏てこーゆーのがデフォルトなんでしょーか。

ちょと疑問に思ったもんで。

書いてみたわけでス。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 きりないね。
 支那人は毒を喰っても死なず、ボルト喰っても死なず、何喰っても死なない。
 支那人を殺すには、でかい動物に、支那人を喰わせるしかないが、喰った動物も死ぬんだろうなぁ~
2007/06/02(土) 18:09 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
今週、偶然見たニュースで、死那の動物園で生きた動物を虎に食わせるなんてイベントがありました。客が金を払って、餌にする動物をもらって、虎に差し出すと言うなんともまあ、恐ろしいことをやっていました。
コッ、コワ━━━━━(((( ;゚Д゚))))━━━━━━ッ !!!
そのうち、人間ですらも、虎の餌として放り込まれるような気がします。なにぶん、死那ですから、的外れじゃない予想です。
2007/06/02(土) 19:55 | URL | DUCE #-[ 編集]
最初読んだとき、
>生ごみ餃子にボルト入り
餃子の中にボルトですか!
続けて読んで、
>生ごみ餃子にボルト入りワタリガニ
いやマテ、餃子にボルト入りワタリガニが入ってた?
とおもた。読解力がさがってます・・。
でもどうやればカニにボルトが入るんだろ?
2007/06/03(日) 21:01 | URL | ぴちょ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/493-c0305727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。