高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今朝の話。

自転車でキコキコ通勤してたでスが。

車道の一番歩道寄りを走ってたらでスね。

右側からいきなり。

タクシーが停車してきやがって。

急ブレーキ。



( ゚д゚)、ペッ



ってな感じだったんでスが。

ギヤを落とすヒマがなかったんで。

走り出す時にでスね。

ギヤを落とそうと思ったんでスよ。

が。

チェーンが老朽化してるせいか。

外れやがってでスね。

ものスゲイ勢いで空回り。

んで。

スネにでスね。



ガツッ



って。

もーね。



(#゚Д゚) ウギャァァ!!



でスよ。

スゲイ痛かった。。。

ペダルにでスね。

滑り止めでピンが打ってあるので。

それがまあイテーの痛くねーのって。

歩道歩いてたOLらしき人にゃ笑われるわ。

しょんぼりしながらでスね。

会社までテロテロ走ってきたわけでス。

あのタクシーのドチクショウ。


(ΦДΦ)呪マース


ってなわけでス。

んでまあ。

あちしのスネに免じて。


 

クリックしてくだしぇ。


そーゆーわけで。

こんなんどーじょ。

YOMIURI ONLINEから引用でし。


ここから引用~~~

親の理不尽な要求、抗議に学校苦慮…読売調査

 子供の通う学校に理不尽な要求や抗議を行う親に、全国の公立小中学校や教育委員会が苦慮している実態が、読売新聞の調査で明らかになった。

 ◆18教委、クレーム対策

 調査に応じた67の主要都市の教委のうち、40教委がこうした親の実例を把握し、18教委はクレームに対応するための専門職員の配置や教員研修といった対策を実施していた。政府の教育再生会議も第2次報告で、専門家チームを設ける必要性を指摘しており、親のクレーム対処が教育現場の大きな課題となっている。

 調査対象は、全国の道府県庁所在地と政令市、東京23区の計73市区の教育委員会。公立小中学校における親のクレームについて尋ねたところ、67教委から回答があり、40教委が身勝手な要求や問題行動に「苦慮している」と回答した。

 具体例の中では、「自宅で掃除をさせていないから、学校でもさせないでほしい」「(子供同士で小さなトラブルになった)相手の子を転校させるか、登校させないようにしてほしい」など、我が子かわいさから理不尽な要求に至るケースが目立った。

 また、勉強の進み具合が遅れている中学生に小学生の問題を解かせたところ、「子供が精神的に傷ついた」と抗議したり、子供が起こした自転車事故なのに、「学校の指導が悪い」と主張したりする例もあった。

 親が学校現場を飛び越して、教育委員会や文部科学省に、メールや電話で苦情を持ち込むことも多く、ある教委では、抗議の電話が6時間に及んだという。暴力団とのつながりをほのめかし、圧力をかけようとするケースもあった。

 親からの継続的なクレームに対応するため、教師が部活動の指導やテストの採点作業の時間を奪われたり、精神的なストレスを抱えたりすることも多く、「教育活動に支障を来している」との声が出ている。

 今回の調査に対し、「事例を公表することで当事者が再びクレームをつけてくる恐れがある」との理由から回答を避けた教委もある。

 一方、18教委では、クレームを想定した対策を実施。「管理職と教務主任を対象に研修を実施」(佐賀市)、「教委に親対応の専門職員を置いている」(奈良市)、「目に余る時は警察と連携する」(名古屋市)といった取り組みのほか、問題行動を起こす親を精神的にサポートする必要があるとして、「臨床心理士と協力して対応する」(東京都江東区)という教委もある。また、東京都港区では今月から、クレームに対し、学校が弁護士に相談できる制度をスタートさせた。

 教育再生会議も今月1日に公表した第2次報告の中で、精神科医や警察官OBなどが学校と保護者の意思疎通を手助けする「学校問題解決支援チーム(仮称)」を各教委に設置するよう提言している。

(2007年6月18日 読売新聞)


~~~ここまで引用



クレーム対策って。


どっかの企業みてーだナ。


((´∀`))ケラケラ



真面目なセンセにゃ気の毒でスが。

最近の親はまあ。



ヴァカ



でスねえ。

まずもって逝ってることがでスね。

意味分からんでス。


『自宅で掃除をさせていないから、学校でもさせないでほしい』


って。


( ゚Д゚)ハァ??


『(子供同士で小さなトラブルになった)相手の子を転校させるか、登校させないようにしてほしい』


( ゚Д゚)ハァァァ??


挙句の果てに。

簡単な問題解かせたら。


子供が精神的に傷ついた


( ゚Д゚)ハァァァァァァ??


果ては。


『子供が起こした自転車事故なのに、「学校の指導が悪い」』



(;´∀`)・・・



あのナ。

なんでもかんでもナ。


学校のせいにしてんぢゃねーよ。


自宅で掃除させてないから。

学校でもさせるな?


(#゚Д゚)家で掃除させろゴルア!!


子供がケンカしたから。

相手を転校させろ?


(# ゚Д゚)テメーが転校しろゴルア!!


問題がでけないから。

簡単な問題解かせたら。

傷ついた?

どんだけヤワなんだよ。


(# ゚Д゚)テメーが教えてやれよゴルア!!


子供が起こした事故。

学校のせい?


(# ゚Д゚)テメーがちゃんと指導しろゴルア!!


もーね。

全くね。


意味分からん。


こーゆーのはでスね。

我が子可愛さとかって言うよりは。



キ○ガイ



なだけだと思われ。

以前にも書きまスたが。

子供なんざ色んなこと経験してでスね。

経験値貯めてくんだから。

温室にいたら。


ヘナヘナになってまうで。


正直なとこ。

あたしゃ掃除キライでスたよ。

今でもキライだけど。

けども。

皆で一緒に掃除するってとこにでスね。

意味があると思われ。

てんで。


黙ってヤレと。


そゆことでスな。

んで。

ケンカしたから。

相手の子供転校させろって。

コレだってでスね。

ケンカしたり仲直りしたりで。

ニンゲン関係を学んでくんだと思われ。

社会に出たらでスね。

そんな甘いこと逝ってられまへん。

ケンカしたから会社辞める、とか。


アホか。


ちう話でスがナ。

問題が解けなかったから傷ついた。

だったらよお。

頑張って勉強すりゃええがナ。

努力もせんと。


立派な人間になれるかちうの。


死ぬ気で突っ込め。

バカタレ。

で。

事故。

コレって完全に家庭の教育なんぢゃ?

確かにまあ、学校で自転車の乗り方とか。

やった記憶ありまふが。

自転車に乗ってるってことは。


学校外ぢゃろ?


通学でない限りは。

どっちにしてもアレだ。

そんなもん学校に責任はないような。

そんな気がするでス。

ヴァカな親増えまスたなあ。

日本の将来が思いやられまスで。

あちしもでスね。

マトモな親かはわかりまへんが。

少なくとも。

↑の記事みたいにでスね。

権利ばっかり主張するバカではないと。

そう思ったり。


'`,、'`,、(´ω`) '`,、'`,、


まあそゆことでス。

学校の言い分しか記事になってないから。

細かいとこはわからんけど。

みなさんはどう思わはれまスでしょーか。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 どうせ掃除をする子は決まっているから!
 掃除をしない子を先生は叱らないどころか「モノを考える!」と誉める!
 そんな学校では、「掃除当番なんて失くせ!」叫ぶ親がいても不思議はないと思います。
 「どうせ会社に入ればやらさせる!」
 生徒に車を洗わせる教師もいましたよ!
2007/06/19(火) 16:26 | URL | 鵺娘 #/9u.keZw[ 編集]
要するに、何ですな。その親、怠け者ですよ。中には課程でしつけする代物もあるでしょう。何でも学校のせいにしよっていかんですなぁ。
ニュースの特番にある「憤激リポート」の類に出てくる不届き者とダブってみえます。
2007/06/19(火) 18:32 | URL | DUCE #-[ 編集]
上の書きこみ。課程は家庭の間違いでした。<(_ _)>
2007/06/19(火) 18:33 | URL | DUCE #-[ 編集]
 理不尽というか、恥はないのか?
 そもそも、この馬鹿親共はどう育ってきたんだ!
 
 殴り殺すわけにはいかないし、学校もやられっぱなしと言うわけにもいかないから、法的対抗手段は講じておかなければならないだろ。
 
 異常な世界だが、私の身近な馬鹿親をTBします。
 
2007/06/20(水) 12:39 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/510-d4811abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 とある母子家庭の娘が通う小学校の話。 家庭訪問編: 当然母親は仕事をしているので、教師と相談して決めた日、会社を早退して自宅で待っていた。 いつまで経っても教師は現れず、教師の自宅に電話すると、なんと本人が電話に出た
2007/06/20(水) 12:39:02 | 切捨御免!トノゴジラの放言・暴言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。