高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( ゚Д゚)ダリィ・・・


そろそろ夏でスなあ。

自転車に乗らなきゃなあ。

なんちて思いつつ。

電車で通ってたりしまスが。

電車の中は。


( ゚Д゚)暑ぃ


でスなあ。

乗ってるだけで夏バテすることウケアイ。

でスが。

乗らないと会社逝けないし。

どうしたもんやら。

とか思いつつ。

今日のネタでス。

クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。


こんなんでス。

どんじょー。

Yahooニュースから引用でし。


ここから引用~~~

<中国食品>衝撃の実態!病死ニワトリ8割が食卓へ,専門業者が存在

2007年7月19日、死んだニワトリに関する中国の地元メディアの報道があった。

中国科学院植物研究所の蒋高明(ジャン・ガオミン)主席研究員は05年7月からこれまで、中国全土を回り、養鶏場で死んだニワトリがどう処理されるのかを調査。その結果、死んだニワトリの80%が中国人の食卓にのぼっていることが判明した。

蒋研究員は、死んだニワトリを養鶏場から買い取る専門の業者が存在することを明らかにし、彼らによって一般の市場などで「鶏肉」として売られていると示唆した。

驚いたことに、大量の病死したニワトリが動物病院から市場に持ち込まれているケースも多いという。蒋研究員の話では、養鶏農家が動物病院へ持ち込む死んだニワトリは、なんらかの疫病にかかっている可能性が高く、本来ならば焼却処分しなければならない。しかし動物病院はこれを無視し商売に励んでいるという。ここでもまた、病院を専門に回って死んだ鳥を買い取る業者が存在するのだ。


~~~ここまで引用




最近は食べもんネタが多いでスが。

最近はアレでスねー。

中華帝国産の食べもん。

多少のことぢゃ驚かなくなった、ちうか。

ああ、またか。

みたいな。

そんな感じもしまスけど。

よくまあネタが尽きないもんでスなあ。

ある意味感心。

この記事の病気のニワトリとかもアレでしょーか。

昨日書いたみたいに。

当局が検査したら。

ビョーキのニワトリは。


( `ハ´)/いなかったアル


みたいな。

そゆことになっちゃうんでスかね。


( ゚д゚)、ペッ


人口減らそうとして。

わざとでスね。

国民に変なもん喰わせてるのか。

それとも。


これがデフォルトなのか。


さてどっち?

あちしはでスねー。

もったいないから食べちゃったアル。


↑コレに30リラ。


リラってゆーと。

イタリアでスたっけか。

イタリアちうと。

チーズ食べてーナ、みたいな。

どーでもいーでスが。

焼却しなきゃいけないニワトリをでスねー。

売っちゃうってとこがでスね。

さすが中華帝国ってなもんでスが。

何度も何度も書いてまスけども。


くれぐれも輸出しないよーに。


頼む。

とかね。

思ったわけでスな。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
輸出してると思う。
しない理由がないもん。

大騒ぎになる以前から、シナからやってくる鳥肉が摘発された、なんてニュースは結構ありました。
腐ってて真っ黒、だったりするわけだけど、死んだ鳥さんの肉だったのかも。
鳥さんには悪いが、おえっぷ。

2007/07/20(金) 18:08 | URL | ぴちょ #-[ 編集]
さすがに、そのままでは輸出しずらいから、ひき肉にして、何かに混ぜて売っているのでは。ばれないように。
ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ
2007/07/20(金) 20:49 | URL | DUCE #-[ 編集]
お晩でやんす♪
鳥の輸出どころか…
最近、中国で大量発生してるエイズ患者を日本に送り込むなんて話もあるとかガクガク(((゜Д゜)))ブルブル
2007/07/20(金) 23:11 | URL | 蛮 #IgwlWx3A[ 編集]
 これ、大分前に、ネットで見たぞ。
 専門業者が病死した鶏を回収して、野ざらしの厨房(とも言えないような所)で加工して、商品にする様子が写真入りで上がっていたが。
 あった、これこれ↓
http://blog.livedoor.jp/chinalifestyle/archives/cat_50027700.html 
2007/07/23(月) 10:16 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/542-ed94b7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。