高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




あうあ。

なんかまだ馬力が出ませんが。

行くでス。
 
クリックで応援してくだしぇ。


こんな記事をめっけたので。

どんじょ。

時事から引用でし。


ここから引用~~~

原爆投下必要なかった?=「使用せずとも終戦」と分析-米軍神話覆す機密資料
2007年8月3日(金)14:30

 広島、長崎への原爆投下が太平洋戦争を終結に導き、何百万人もの人命を救った-。米国が繰り返す原爆正当化の論理は、「(投下は)しょうがない」とした6月の久間章生前防衛相の容認発言と相まって、被爆者の怒りをかき立てている。だが、その正当化論は戦後につくられた「神話」にすぎないことが、終戦前後の米軍資料から浮かび上がってくる。

 ◇終戦の決定打はソ連参戦

 「原爆を使用せずとも、対日戦争は(1945年8月9日の)ソ連参戦でほぼ終わっており、遅くとも46年2月半ばまでには終戦を迎えていた」。戦後間もない46年4月、当時の米陸軍省情報部門の研究チームがまとめた極秘報告書がワシントン郊外の米国立公文書館に保管されている。2発の原爆投下が直接的に太平洋戦争を終結させたわけではないと、第一線の米軍情報担当官らが告白していたことは注目に値する。

 報告書は、米軍が原爆を使用しなかった場合の戦局の推移を研究したもので、昭和天皇は早ければ45年6月20日には終戦を決意していたと指摘。ソ連参戦に至るまで、日本指導部は原爆投下にほとんど言及していないとして、和平の仲介を依頼していたソ連の参戦が「日本にとって終戦の理由を完成させた」と結論付けている。

 ◇侵攻後の米軍死者、30日で1万人

 日本が降伏しなければ、米軍は45年11月1日を期して九州侵攻作戦(オリンピック作戦)を発動する計画だったが、報告書は、原爆を併用せずとも作戦開始後2カ月以内に九州占領に成功し、その間の米軍死傷者は7万5000~10万人と試算。46年春に計画していた関東侵攻作戦(コロネット作戦)の開始は不必要になっただろうと判断している。(続)


[時事通信社]


~~~ここまで引用




今日わ。

広島の原爆投下の日でスな。

黙祷するでス。

・・・。

・・・。

・・・。

で。

アメ公。

原爆投下で人命を救ったとかなんとか。

そう逝ってはばかりませんが。



ウソ



やんけ。

やっぱり政治的にアレでスか。

ソ連に原爆の威力を誇示したかったとか。

黄色いサルに原爆の実験をしてみたかったとか。

結局そーゆーことだったんでスな。

これだから白人はよお。

キライだ、ちうんでスわさ。

ヒューマニスト気取って。

日本人もそれで救われたとかなんとか。

連中の今までの戦争見てると。

自由のための戦いとか。

独裁者から助けるための戦いとか。

なんかようけ逝ってまスけど。

自国に利益がなきゃ、戦争なんかしないわけで。

反吐が出るでスよ。


( ゚д゚)、ペッ


まあそれはともかく。

広島で亡くなった方々。

まだ原爆症で苦しんでる方々が。

心安らかにと祈る次第でありまス。

ちうことで。

本調子でないので。

これまででス。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雨さんが、多くの犠牲者を出さずにすんだというのは間違っていないでしょう。自身の犠牲者をわずかばかりでも増やさずに済ますためならと言う発想があったのでしょう。
それに比べて、日本人の犠牲者に関しては「薄汚いジャップなんぞのために、犠牲者を増やすのは真っ平ごめんだ」とばかり原爆投下に踏み切ったのでしょうよ。
((( ̄へ ̄井) フンッ
2007/08/06(月) 18:49 | URL | DUCE #-[ 編集]
 北の核に触れない平和宣言でした。
 広島は、本気で核廃絶を願っているのではなく、何らかの目的の為の平和宣言という事ですね。

 靖国もそうですが、被爆者やその遺族までを利用した政治プロパガンダには反吐が出ます。

 戦没者には心やすらかに眠って頂けるようにするのが、慰霊祭では無いのでしょうか?

 
2007/08/07(火) 19:18 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/560-d31135d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。