高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




(⊃∀⊂)イナイイナイ・・・⊂ ´_ゝ`⊃フーン


今日は。

ムナクソ悪いことに。

ポツダム宣言の日なんでスなあ。

無条件降伏とか抜かしてやがりまスが。



( ゚д゚)、ペッ



ってなもんで。

ウガーでスが。

忙しいので。

ちらっと行きまス。

クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。


んーでわ。

よくご存知だと思いまふが。

こんなんどんじょー。

国際派日本人養成講座(49)

↑から引用でし。



ここから引用~~~

■1.終戦後の戦い■

 昭和20年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、戦闘を停
止した。しかしこれは「戦闘」の終了であって、日本と米国占領軍
との武器なき「戦争」はその後も続いていた。しかもこの過程で、
戦後の日本の政治やマスコミの歪みが作り出されたのである。その
過程をたどってみよう。

■2.重光外相の恫喝■

 9月2日、日本政府はマッカーサー司令部から、日本全域に渡っ
て軍政を布告する旨の命令を受け取った。重光外相は翌3日早朝、
マッカーサー総司令官に面会し、軍政を思いとどまるよう交渉した。

 重光外相の主張は、日本全域に渡って軍政を敷くことは、日本政
府が受諾したポツダム宣言の諸条件以上の要求であり、もしそれを
強行するなら、「日本政府の誠実なる占領政策遂行の責任を解除し、
ここに混乱の端緒を見ることとなるやも知れぬ。その結果に対する
責任は、日本側の負うところではない」というものであった。
[1,p33]

 ポツダム宣言第7条には「連合国の指定すべき日本国内の『諸地
点』は、・・・占領せらるべし」とあり、全域を占領する事は明ら
かに宣言の違反となる。また第8条には、「日本国の主権は本州、
北海道、九州、及び四国並びに吾等の決定する諸小島に局限せらる
べし」とあり、政府の主権の存在を前提にしている。日本全域に渡っ
て軍政を敷くことは、あきらかにこれらの条件を破ることであった。

 重光外相は、アメリカが自分で言い出した停戦の条件を勝手に破
るなら、日本政府がそれを守る義務もなくなり、その後、どうなっ
てもすべてアメリカの責任だと脅したのである。

 当時日本本土には陸軍二百二十五万三千、海軍百二十五万、
計三百五十万余の兵力が依然として温存されていた。また陸海
軍を合せて一万六十機の保有航空機のうち、少くとも六千機以
上は特攻作戦に使用可能と考えられていた。・・・
 海軍こそ戦闘可能の戦艦は皆無で、空母二隻、巡洋艦三隻、
駆逐艦三十隻、潜水艦五十隻という劣勢に追い詰められていた
が、この温存兵力の無言の圧力は無視することができない。
[2,p16]

 マッカーサーは、重光外相の主張をただちに承諾し、軍政の方針
を撤回した。しかしこの緒戦の敗北で、米軍は日本人を精神面から
も占領しなければならないと決意したようだ。以後、アメリカの占
領政策は、巧妙に情報戦を展開していく。

■3.言論統制:ポツダム宣言第10条違反■

 その第一弾は、言論統制であった。ポツダム宣言第10条の「言
論、宗教及び思想の自由並びに基本的人権の尊重は確立せらるべ
し」という条項を無視して、秘密裏に検閲と言論統制を開始した。

 朝日新聞が、昭和20年9月18日から、48時間の新聞発行停
止を命令されたのが、その始まりだった。その理由とされたのは、
次の二つの記事であった。

 第一に、占領軍将兵による暴行事件に触れた記事。現実に13日
から14日にかけて、米兵が拳銃を使って現金を強奪したなど、3
2件の事件が発生している。

 第二は、鳩山一郎氏の談話記事で、次のような発言を紹介した部
分。

「正義は力なり」を標榜する米国である以上、原子爆弾の使用
や無辜の国民殺傷(本誌注:本土空襲を指すものと思われる)
が病院船攻撃や毒ガス使用以上の国際法違反、戦争犯罪である
ことを否むことは出来ぬであらう。

 業務停止命令が解除された後の朝日新聞の論調は、180度転換
した。たとえば、次の二つを比較されたい。

 戦ひはすんだ。しかし民族のたゝかひは、寧ろこれからだ。
...国民は敗戦といふきびしい現実を直視しよう。しかし正当
に主張すべきは、おめず臆せず堂々と主張しよう。単なる卑屈
は民族の力を去勢する。[9月10日]

 今や我が軍閥の非違、天日を覆ふに足らず、更に軍閥の強権
を利用して行政を壟断したる者、軍閥を援助し、これと協力し
て私利を追求したる者などの罪科も、ともに国民の名において
糾弾しなければならぬ。[9月22日]

 前者は占領下でも精神的独立を維持しようと呼びかけたものだが、
後者は完全に米軍の情報戦に荷担したものである。同じ新聞でわず
か2週間足らずの間にかくも論調が一転したのである。
[1,p61-p68]

■4.改憲:第12条違反■

 翌昭和21年2月13日、総司令部ホイットニー准将は幕僚と共
に、外務大臣吉田茂の官邸を訪れた。そして、今まで日本政府が検
討していた憲法改正案をまったく不適当であるとし、総司令部の作
成した憲法草案を手渡した。吉田の顔はショックと憂慮の表情を示
していた。

 ホイットニーは吉田が草案を理解し、検討するための時間を与え
ると言って、約30分間、庭に出た。その時、米軍機が一機、家の
上空をかすめて飛び去った。15分ほど経った頃、外務大臣秘書官
の白洲次郎が庭に出ると、ホイットニーは言った。

「われわれは戸外に出て、原子力エネルギーの暖をとっている
ところです。」

 太陽をわざわざ「原子力エネルギー」と言ったのは、あきらかに
原爆を暗示しての恫喝である。庭から戻ったホイットニーは、もし
総司令部の草案に日本が同意しない場合は、マッカーサーは日本政
府の頭越しに草案を国民に提示するだろう、その場合には総司令部
は「天皇の御身柄」を保証しかねる、とも明言した。

 さらにホイットニーは、日本側の記録によれば次のように語った。

 改正案は飽くまで日本側の発意に出つるものとして発表せら
れる事望ましく、万一米国案が世間に漏れるときは甚だしき双
方の不為なれば秘密保持に甚大の注意を払われたく

 これはポツダム宣言12条の「日本国民の自由に表明せる意思に
従い」、および、さらに国際法たるハーグ陸戦規則第43条の「占
領地の法律の尊重」への違反を隠蔽するためであった。

 こうしてマッカーサー総司令部の手になる憲法草案は、あくまで
日本側の発意によるものとして制定された。マッカーサーは後に、
「どんなに良い憲法でも、日本人の胸許に銃剣をつきつけて受諾さ
せた憲法は、銃剣がその場にとどまっているだけしか保たないとい
うのが自分の確信だ」と述べているが、その確信を裏切って、マッ
カーサーが「銃剣」でつきつけた憲法は、一文字も改正されずに5
3年後も残っている。[3,p33-p43]

■5.情報戦によるマインド・コントロール■

 53年後の今日、我々は今なお、次のような虚構を信じ込んでい
る。

・日本は無条件降伏をした。
→すでに示したように、ポツダム宣言の8項目の条件を受け入
れた上での条件降伏であった。

・「進駐軍」は言論の自由を回復した。
→占領軍は検閲自体を秘匿する従来以上の徹底的、かつ高度な
検閲を行った。

・憲法は日本側の草案によるものである。
→原爆の恫喝のもとに、押しつけられたものである。

 これらは終戦後に占領軍が展開した情報戦の成果である。日本は
ポツダム宣言の諸条件を承認して降伏したのに、いつのまにか、そ
れらは骨抜きにされ、条件があった事すら、検閲により忘れさせら
れた。武力による敗北は、被害も目で見える。しかし、こうした情
報戦の敗北は、敗者自身が気がつかないようにマインドコントロー
ルすることによって、永続的な隷従状態におく。

 このマインド・コントロールから脱却しない限り、戦後は終わっ
たとは言えないであろう。


~~~ここまで引用




なんも言うこたありまへん。

ご存知ない方は。

目をまんまろにしてでスね。

読んでみるとでスね。


目からトビウオ


なことウケアイかと。

記事の最後のでスね。

『このマインド・コントロールから脱却しない限り、戦後は終わったとは言えないであろう。』

コレがでスね。

心に染みまスなあ。

先人が守ろうとした日本をでスね。

あちしたちがないがしろにしちゃあ。


いかんでスよなあ。


にしても読めば読むほど。


アメ公はクソだナと。


そう思いまス。

どれをとってもウソばかり。


( ゚д゚)、ペッ


ちうことで。

ポツダム宣言なんてクソ。

ちう話でスた。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小林よしのりがアメリカの事を攻撃していたときは「なんでそんなにアメリカを憎むの?」と思ってました。
が、勉強していくにつれ本当にアメリカってクソです。
誰かが中国は「詐」の国と言っていましたが、アメリカも「詐」の国ですね。(ロシアも)
早くアメリカからのマインドコントロールを解いて「日本」を取り戻しましょう。
自分の国は自分たちで守る気概を持てるようになりましょう。
2007/08/14(火) 17:08 | URL | ポポロ #-[ 編集]
しかしそうゆう報道機関をまともにするのは絶望ですよ。
朝日新聞や新聞各社が自分自身で過ちに気付かない限りは。
報道の自由が保証されてますし、発禁処分に出来るだけの事件がおこらなければいけないし。
軍政で無理矢理方向転換しない限り無理でしょう。
2007/08/14(火) 23:21 | URL | こと #eggAsH0k[ 編集]
いま読み返してみたら、誤解されそうなので。
「安全保障条約をやめれ」とか、「自主防衛のみでやれ」とか言ってるわけじゃないっす。
それは非現実的で亡国への道です←コワヒヨー

もっと日本人は防衛のことを考え、アメリカがどう動くか、そのときはどうやって日本を守るか、を考えないといけないといいたかったわけです。
2007/08/15(水) 08:42 | URL | ぽぽろ #-[ 編集]
 教育もですね。
 米国が、憲法に仕込んだ100年殺しが、日本人には、半分の50年で、相当に効果が現れたと言うことですか?
 グローバル、地球市民、と言う人達に、自民族、自国意識が欠如しているという捻れ現象もそのたまものでしょう。
 国無くして、地球市民も在った物じゃないです。
 やはり、教育からですね。
 遠回りでも。。。。
2007/08/16(木) 14:47 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/568-b2a659b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
遠い日の戦争 (新潮文庫)吉村 昭 (1984/07)新潮社この商品の詳細を見る「戦後レジーム」とは何だろう?憲法がどうしたとか、民主主義が良いのか悪いのかとか、理念的なことは難しいから、もっと国民にわかりやすく教えてよ
2007/08/16(木) 13:44:18 | 本からの贈り物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。