高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




アメりかで。

なにやらでスね。

空軍なんざイラン。

そんな話が出てるよーで。

戦闘機好きなあちしとしては。

食いついたわけでス。

まあ。

クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。


記事でも読みなはれ。

どんじょー。

朝鮮日報から引用でし。


ここから引用~~~

米国で「空軍解体論」が浮上

 米国でリベラル色が強いとされる月刊誌『アメリカン・プロスペクト』11月号で、安全保障問題に詳しいケンタッキー大学のロバート・ファーリー教授が、空軍を陸軍から独立させた1947年の議会決定を見直すべきだと主張し、論議を呼んでいる。「米空軍は解体されるべきで、陸海軍によって空軍力を運用すべきだ」というのが、同教授の意見だ。

 ファーリー教授はその理由として、米空軍の任務失敗例が恥ずべきほど多い点を挙げた。今年8月にはアフガニスタンに駐留する英軍が、米空軍の爆撃により罪のない多くの民間人が殺傷されているとして、爆撃中止を求めた。イラク駐留米軍のデビッド・ペトレアス司令官も「イラクで米空軍の行き過ぎた空爆により、内戦の災いを引き起こしている」と批判している。

 ファーリー教授は、最近の例にとどまらず、空軍が独立組織となって以降に参戦した韓国戦争(朝鮮戦争)、ベトナム戦争をはじめ、1991年の湾岸戦争でも独立した空軍力が効果を発揮できなかったと指摘した。その上で、米空軍が活躍できたのは、99年に北大西洋条約機構(NATO)軍がコソボ紛争でセルビアの民兵組織を攻撃したときだけだと切り捨てた。

 ファーリー教授は代替案として、戦術的側面での空軍力は陸軍に属するべきだと主張した。米軍が地上と空中で緊密に連携できることが理由だ。また、航空母艦と原子力潜水艦を保有する海軍が核攻撃能力を含む空軍力を持てば、効率的な対応が可能になると分析した。


~~~ここまで引用



まあ。

もともとでスねー。

空軍なんてなかったでスからなあ。

海軍航空隊とか。

陸軍航空隊とか。

そゆもんだったわけで。

元に戻すちうところでしょか。

どうでもいいでスけどね。

戦闘機がなくなるわけぢゃないでスけ。

大体アレだ。

制空権だけ取っても。

陸上部隊が展開してないんぢゃ意味ないし。

要は。

統合運用で効率的に、みたいな。

そゆ話でしょねえ。

あちしとしても。

そっちの方がいいような気もすると。

まあそう思ったわけでス。

今日わ。

戦闘機ダイスキかっぱのつぶやきでスた。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まあ、要するに、今のアメリカにはゲーリングがいないということでしょうな。
ゲーリングの立場からすれば、空軍いらんとは死ねと言っているようなものですからな。
むしろゲーリングの場合は、空軍に膨大な地上部隊を抱え込み、小説の話ですが、あまつさえ海上部隊まで保有しました。
話は元に戻って、地上支援、制海権保持と言う視点からすれば、陸軍航空隊、海軍航空隊と言うほうが良いでしょう。
当時のドイツ空軍の場合は、空軍と名乗っておきながら、戦略空軍としての価値が欠けており、しかも海軍に航空隊を持たせない割には、制海権確保という点でも不十分でした。
やはり、それぞれの役目としての航空隊保有が好ましいでしょう。
せいぜい空軍には戦略空軍としての役目に限定するしか、存在価値はないと言うことですな。
2007/11/25(日) 11:57 | URL | DUCE #-[ 編集]
 戦略空軍は残した方が良いとは思うけど、陸戦支援爆撃機や戦闘機は陸軍か?対潜哨戒機は今でも海軍だし、護衛空母(戦闘機)は海軍だろうけどね、米国は海兵隊が別だしなあ?
 要は、専門家が考えて最良の態勢をとるのが国軍の役目!
 
 防衛省!しっかりしてくれよ!
2007/11/27(火) 13:31 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/671-963eb9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。