高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





(#゚д゚)ドカーン!!



アフォか。

そーゆー記事を読んだので。

逝くでス。

ダッシュでス。

光速でス。

クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。


こんな記事でス。

どんじょ。

朝鮮日報から引用でし。


ここから引用~~~

ニンテンドーDSの違法コピーにご注意!

 最近インターネット上で任天堂のポータブルゲーム機「ニンテンドーDS」について激しい論争が繰り広げられています。価格や性能の問題ではありません。インターネットでゲームを違法コピーしようとしたネットユーザーたちが相次ぎコンピューターウイルスに感染したことから、論争が巻き起こっているのです。

 以前ほどではありませんが、まだ韓国のインターネットは「違法コピー天国」です。ニンテンドーDSについても例外ではなく、かなりの数のネットユーザーがP2P(個人間ファイル共有)やコミュニティーサイトで違法コピーによりゲームをダウンロードしています。ゲームをインターネットからニンテンドーDSに移す小さなチップ(R4)も飛ぶように売れています。

 その結果、ニンテンドーDSは今年、ゲーム機本体の販売台数(80万台)=業界推定=よりゲームソフトの販売数(50万台)=同推定=の方が大幅に少ないという「ミステリー現象」が起きています。激怒した韓国任天堂は9月、R4メーカーを刑事告訴しました。

 ところが最近、何者かがニンテンドーDSの違法コピーによるゲームファイルにウイルスを忍び込ませ、インターネット上に流しているのです。ゲームをダウンロードしたネットユーザーたちはパソコンやニンテンドーDSがウイルスに感染し、誤作動するという被害に遭っています。違法コピーにより受けた被害のため訴えることもできません。大手検索サイトやコミュニティーサイトには「任天堂の仕業では?」という抗議が毎日のように書き込まれています。もちろん、任天堂側は強く否定しています。

 実は、ウイルスや偽ファイルで違法コピーを防止しようという試みは20年以上も前から使われている手法です。初期のコンピューターウイルス「ブレイン」は、違法コピーした者をひどい目に遭わせるため作られたものだそうです。ファイル名に有名な曲の名や歌手の名を表記しながら、中身は雑音だけというニセ音楽ファイルもよくあります。

 しかし、こうした「目には目を、歯に歯を」式の対応でも違法コピーはなくなっていません。今回の騒動がゲーム業界で違法コピーを根絶するきっかけになるかどうかは、もう少し見守る必要がありそうです。


~~~ここまで引用




こーゆーわけでス。

違法にでスね。

ソフトをダウンロードして。

使おうと思ったら。

ウイルスが入ってて。



昇天。



で。

それを。

任天堂のせいニダ。

なーんちて。

責任転嫁しようとすると。



おいキムチ。



寝ぼけたこと逝ってんな。

ダウンロードしたのはアンタの責任。

それを使ったのもアンタの責任。

そもそも違法なんだから。



文句言えねーダロ。



こいつらホント。



ヴァカだ。



どの面下げて文句逝ってんだ?

あんまわけわかんねーこと逝ってると。


キムチにして食っちまうぞ。


すっとこどっこい。



んなことで文句逝ってる暇あったら。



顔洗って出直せ。



とかね。

思ったわけでスよ。

まあ改心するわけないと思うけど。

きっとこーゆーやつらって。

違法コピーを頑張る手間は惜しまないんだろな。



(#゚д゚)、ペッ



とかね。

思ったわけでス。

任天堂もでスね。

コレに懲りて。



撤退しちまえ。



ちうことで。

あちしはずらかりまス。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まじめに言って、任天堂がこんなことをするはずがない。何がおかしくて、違法コピーが売れるように仕向けなくてはならないのか。自社で作る正式なソフトを売るのが儲ける手段として当然だろうに、強姦酷の連中は単なる自爆に過ぎない。
ジバ━━━━(゚∀゚)━━━━ク!!!!
2007/12/12(水) 20:08 | URL | DUCE #-[ 編集]
 それって盗み食いして、腹壊して、腐った物置いとくな!と怒っている訳か?
 死ななかっただけ良いじゃん!
 あっ
 PC死んじゃったのか?
2007/12/13(木) 16:46 | URL | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/688-8398cbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。