高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





(#゚Д゚)締め日!!



ダレか。



つД`) タスケレ !!



ちうところなんでスが。

どこぞの掲示板見ててでスねー。

思い出したでスよ。

あー。

そーゆーヤツ。

あちしの周りにもいたわ。

ってゆー。

どゆーやつかてーと。

こーゆーことを抜かすヤツで。

曰く。

「アメリカって。なんで英語話すんでしょね?」

みたいな。

そんなんね。

あちしに聞かれてもでスね。


(´ー`)チラネーヨ


ってゆー。

そゆ感じなんでスが。

一応アレだ。


メイフラワー号にでも聞きやがれと。


そう逝っといたでスが。

そいつがでスね。

曰くでスね。

「そういやあ、イギリスって何語でスけ?」

ってゆー。



(ΦДΦ)呪マース



めんどくせいかったんで。

イギリスはナ。



イギリス語だ。



ちうふうに逝ったらでスね。

納得してまスた。

まあ間違ってわいないし。

まあいーやと。

そゆ話でスな。

てーか。

お前わ今まで。


何を勉強してきたのか。


とか思うでスけど。

やぱーりアレでスね。

教育ってのは大事でスなあ。

ってことでス。

クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。



んでわ。

こんなんでもでスね。

どんじょー。

国際派日本人の情報ファイル
タイ紙が「日本の教育に学べ」
No.1391

↑から引用でし。


ここから引用~~~

 2006年3月28日付のタイ英字紙「バンコク・ポスト」が、
「世界の産業勢力の一つとなった日本から教育改革を学べ」と
する特集記事を掲載した。その視点が興味深い。[1]

 タイはバンコクの中心街こそ、高層ビルの間を縫う高速道路
をピカピカの車が走っていて、いかにも「東洋のデトロイト」
という印象を受けるが、地方に行くと、貧困家庭が多く、都市
部との教育格差も大きい。これはタイばかりではなく、世界の
ほとんどの中進国、後進国での共通の社会問題だろう。

 貧しいから進学できず、学歴がないから豊かになれない、と
いう悪循環からいかに脱するか。「バンコク・ポスト」紙は、
日本が貧困層や僻地(へきち)に対しても都市部同様に教育を
充実させたことが、タイにとって大いに学ぶべき点になるとし
ている。

 近代日本の「学制」は明治5年8月に公布され、全国に大学
校8、中学校256、小学校5万3760を設置しようという
壮大な計画であった。「それらが基本的に身分・階層の別なく
すべての国民に開放された単一の体系を採ったことは、当時米
国を除けば国際的にもほとんど例を見ない画期的な特徴であっ
た」[2]

 さらに驚くべきことは、施行2年後の明治8年には、現在と
ほぼ同数の2万4千校以上の小学校が設立された事である。当
初の計画の半分以下とはいえ、わずか2年間で全国津々浦々に
これだけの小学校を作り上げた明治の先人たちの教育への信念
と熱意には驚くべきものである。

 こうして都会と田舎とを問わず、貧富の差を問わず、全国民
に平等に基礎教育を行ったことが、明治日本の躍進につながっ
たのである。ひたひたと迫り来る西洋列強に対抗するには、一
日も早い「富国強兵」が必要だったが、明治の先人たちは急が
ば回れと、長期的な人材育成に取り組んだのである。

 世界の多くの国々が21世紀の現在においても、教育格差の
問題に苦しんでいることを考えれば、130年前の我が先人の
先見性には頭が下がるばかりである。

 現在の我々が、その先人の遺産の上にあぐらをかき、「ゆと
り教育」の美名のもとに、公立校で学力崩壊・学級崩壊を招き、
私立校との「教育格差」まで生み出してしまった事は、先人に
対して申し開きようのない愚行であった、と言わざるを得ない。


~~~ここまで引用



うむ。


急がば回れ。


昔の人は偉かった。

詰め込み式の教育がいいとは思いませんぐわ。

ニンゲン育てるにゃ、教育から。

それわ今も同じでスな。

けども。

タイに誉めてもらってもでスねー。

今の日本ぢゃアレだ。

モンスターペアレントとか。

そゆのが流行ってるらしいし。

正直でスね。


誉められたもんぢゃない。


とゆーふーに思うでスな。

モンスターペアレントなんてゆーと。

なんかカッコよく聞こえまスが。

要はアレでしょ。



バカ親。



人の迷惑顧みズ。

自分勝手なスットコドッコイ。

そーゆーのが増えてるわけででスね。

ホントもー嘆かわしい。

教師も変なの多いし。

なんてなー。

そゆこと逝ってる時点でおっさんなんでしょーが。

先人たちがでスね。

こーゆーふーに礎を作ってくれたから。

今のあちしらがいるわけでスんで。

そゆのをムダにしたらでスね。


バチが当たると。


そゆわけで。

昔を見習ってでスね。

急がば回れで。

ちゃんとしたニンゲンを育てられるよーに。

制度を充実させるべきと。

そう思うわけでス。

バカ親がなんか文句つけてきたら。

いーよもうミナゴロシで。

とかね。

思ったわけでス。

あちしは逃げるでス。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日教組と言えば、旧体制のやり方をいちいちけちをつけることでは名人芸と言ってもよいです。
そこで、彼らならば、こうした教育の迅速なる普及をどう評価するのでしょうか。
ひょっとしたら、軍国教育なんかやるよりは、馬鹿でいたほうがよいとでも思っていたりして。
2008/01/21(月) 18:17 | URL | DUCE #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kappaneko.blog68.fc2.com/tb.php/729-e46d2e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。