高齢者福祉
だらーんと特亜いぢってまス。あるネタに関してだけは熱くなりまスが、基本的にだら~としてまス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日はちと休むでスよ。

現場が忙しいくってでスね。

クビも手も回らん・・・


_ノフ○ グッタリ


明日また来てみてくだしぇ。

ごめんちょー。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。












( ゚Д゚)ドカーン!!



すまん。

今日わ書けない。

また明日来てくだしぇ。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。










諸所の事情がありまスて。

今日わ書けないでありまス。

ほんともーなんもかもイヤになるでス。

でスが。

それだけだとなんなんで。

こんな写真でもご覧なしぇ↓

タロさ


あまり日本を怒らせないほうがいい。

タロさ。


(;゚∀゚)=3 カッコエエ


まあアレだ。

拾い物なんでスけどね。

あちし。

この写真。



ダイスキ。



ちうことで。

ずらかりまス。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。










今日は休むでス。

ごめんちょー。

また明日来てネ。

おそまつサマンサ。

 
クリックで応援してくだしぇ。










今日わ。

事務所のレイアウト変更で。

ガタガタやってまス。

なので。



・ω・)チラッ



でス。

クリックで応援してくだしぇ。


 

一日一回でいいから。


こんなんをでスね。

どんじょー。

gooニュースから引用でし。


ここから引用~~~

呪い恐れ盗品次々返却 店主の「祈るぞ」に動揺 ケニア
2008年01月09日18時55分

 大統領選をきっかけにした混乱が続くケニア東部の町モンバサで、商品を略奪された店主が特別なイスラム教の祈りを唱えると公言したところ、呪いを恐れた暴徒が次々と盗品を返しに来る「事件」が起きている。

 略奪されたのはイスラム教徒が経営する店。タンザニアから輸入した板材やベッド、ソファなど4200万ケニアシリング(約7000万円)相当が、年末年始にかけて奪われた。

 店主は4日、「伝家の宝刀」を使うことに。スワヒリ語で「ハルバディリ」と呼ばれる特別な祈りだ。イスラム教徒の多いモンバサ周辺では、悪者に神の正義が下される祈りと信じられている。

 店主の決断はあっという間に周囲に広まり、6日深夜から次々と、暴徒が盗品を返しに来始めた。中にはリヤカーをレンタルしてまで運び込む者もいるという。

 目撃者の男性によると、暴徒らは「テレビを盗んだ男は逃げる途中に死んだ」「盗んだベッドで寝ていたら、見知らぬ男が隣で寝ていた」などと呪いを恐れていたという。警察はその様子をやじ馬と一緒に眺めていたといい、逮捕する動きはない様子だという。


~~~ここまで引用





(#゚Д゚)祈るぞっ



いいなあ。

コレ。

コレをでスね。

中華帝国とか。

小中華とか。

そこら辺にでスね。

使えたら。



(゚∀゚)イイ!



と。

思うわけでス。

竹島返さないと。



(#゚Д゚)祈るぞっ



とか。

あんまりウソばっかこいてると。



(#゚Д゚)祈るぞっ



とか。

そゆふに使いたいでスなあ。

けどまあ。

ダメでしょな。

彼ら。



鉄面皮だから。



( ゚д゚)、ペッ




ちうことで。

なんとなくアフォな話でスた。

あちしは机担いできまス。

おそまつさま。

 
クリックで応援してくだしぇ。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。